カーディナヘルス
カーディナルヘルス株式会社|製品情報・FAQサイト
お問合せはこちら
社名変更に伴うご案内
よくあるお問合せ
学会/セミナー情報
動画コーナー
製品紹介
製品カタログ
添付文書/取扱説明書
ケースレポート
ハンドブック/資料
ハンドブック
マニュアル
クイックガイド
資料
製品に関するお知らせ(変更/発売/中止)
経腸栄養製品のコネクタ形状変更について(ISO80369-3)
新型コロナウイルス関連


お電話でのお問合せはこちら
カスタマーサポートセンター
0120-917-205
9:00~17:30(土日祝日除く)



 
 

【KANGAROO NEWS Vol.34】

慢性期領域における栄養戦略

平成医療福祉グループ 診療本部長
淀川平成病院 院長
井川 誠一郎 先生
 
 
平成30(2018)年10月1日現在の高齢化率は28.1%、超高齢社会であり、高齢化率は更に上がって行っています。

2016年の平均寿命は男性:81.0歳、女性:87.1歳ですが、健康寿命は、男性:72.1歳、女性:74.8歳となっており、
平均寿命と健康寿命に大きな差があります。

つまり、多くの高齢者の方々が慢性期疾患を抱え医療を受けられており、実際に多くの高齢患者が在宅復帰ができず、
慢性期施設での入院を余儀なくされているのが現実です。
 
慢性期疾患を抱え療養病院や老人保健施設で生活している方には、PEM (Protein energy malnutrition)の割合が高く、
サルコペニア、フレイルから容易に要介護になる危険性があります。

それらを予防する為、栄養、リハビリテーションが重要視されておりますが、慢性期の高齢者医療を確立されている施設はあまり多くありません。

そこで今回は、長年に亘り高齢者の慢性期医療に取り組んで来られた平成医療福祉グループの井川診療部長にご執筆頂いた記事をご紹介致します。
 

■「慢性期領域における栄養戦略」 Kangaroo News Vol.34

・ 基本的栄養戦略 “If the gut works, use it !”

・ 急性期領域における患者の実際

・ 在宅復帰には胃瘻が第一選択

・ 嚥下リハに向けたPICCの活用

・ 在宅TPNにCVポートの選択肢

・ 在宅復帰のための入院医療


各ご施設における高齢者栄養管理について振り返っていただき、在宅復帰に向けた栄養戦略の一助になれば幸いです。


画像をクリックしてダウンロードフォームにお進みください。


------------------------------------------------
【その他のケースレポートもご覧ください】
■【KANGAROO NEWS Vol.34】慢性期領域における栄養戦略
【KANGAROO NEWS Vol.33】PICCの効果的な活用
【KANGAROO NEWS Vol.32】最適な経管栄養管理法選択のために 第1回栄養投与ルートの適応と選択
【KANGAROO NEWS Vol.31】食道がん周術期における栄養療法の重要性について

©2019 Cardinal Health. All rights reserved. ©カーディナルヘルス株式会社