i-FILTER Ver.10
i-FILTER Ver.9
i-FILTER Reporter
m-FILTER
D-SPA
D-SPA Manager
DigitalArts@Cloud
i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3/Ver4
FinalCode
m-FILTER MailAdviser
お知らせ
サポート終了製品

URLをクリップボードにコピーしました
FAQ_URL:https://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=102
  FAQ_ID:102
Business > サポート終了製品 > i-FILTER Ver.7 > ログ
 
「i-FILTER」Ver.7 の「認証除外ホスト」へ登録されたホストへのアクセスの場合も、アクセスログに「認証ユーザー名が記録」される場合があるのはなぜですか。

対応バージョン: i-FILTER Ver.7
対応OS: すべてのOS

認証を経ていない状態のクライアントからの全てのリクエストに対して、[407 Proxy Authentication Required]を返して認証要求を行います。
「認証が成功した場合」はそのまま「認証情報がある」状態でアクセスを継続します。こちらは「認証除外ホスト」の登録有無には関係しません。
「認証が失敗した場合」にアクセス先ホストが「認証除外ホスト」に該当している場合は、そのまま「認証処理が除外」され、サイトの閲覧が可能になります。

「認証除外ホスト」へ登録されたホストへのアクセスの場合、それぞれ下記のような挙動となります。

(1) 既に認証を完了しており、リクエストヘッダに「認証情報が付与」されている場合
   通常のアクセスと同様となり、ログに認証情報が記録されます。

(2) まだ認証を経ておらず、リクエストヘッダに「認証情報がない」場合
  認証をスキップして該当ホストへのアクセスを行い、ログには認証情報が記録されません。


 

関連コンテンツ
「i-FILTER」Ver.7 の「認証除外ホスト」は、どのような時に使う機能で...
「i-FILTER」Ver.7 環境で特定のクライアントだけプロキシ認証から除外...
「i-FILTER」Ver.7 にて「NTLM認証/LDAP認証」を使用している...
「i-FILTER」Ver.7のNTLM 認証環境でログオンユーザー名以外で認証...
「i-FILTER」Ver.7 にてユーザー認証を使用しています。「認証除外IP...
 

感動しました
解決しました
参考になりました
もっと詳しく
わかりにくい
問い合わせます