i-FILTER Ver.10
i-FILTER Ver.9
i-FILTER Reporter
m-FILTER
D-SPA
D-SPA Manager
DigitalArts@Cloud
i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3/Ver4
FinalCode
m-FILTER MailAdviser
お知らせ
サポート終了製品

URLをクリップボードにコピーしました
FAQ_URL:https://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=1134
  FAQ_ID:1134
Business > サポート終了製品 > i-FILTER Ver.7 > 構成
 
「i-FILTER」Ver.7 設定のバックアップおよびロールバック手順を教えてください。

対応バージョン: i-FILTER Ver.7
対応OS: すべてのOS

「i-FILTER」設定のバックアップおよびロールバックは以下の手順で行います。


■管理画面からの操作

管理画面[ 管理 / オプション]から「バックアップ・ロールバック機能」をご利用ください。

設定ファイルやフィルターデータベースに対して以下の処理を行います。

・決められた時刻に自動的にバックアップを行い、バックアップデータを保存します。
・バックアップデータ対して、ロールバック処理を行います。バックアップ時点の設定に復元することが可能となります。


■システムからの操作

・バックアップ方法
(1)「i-FILTER」サービスを停止します
  Windows:「i-FILTER Ver.7」サービス
  Linux,Solaris:/etc/init.d/ifilter7 stop|start

(2) 以下のディレクトリをバックアップします
 <インストールディレクトリ>/conf
 ※ログデータも移行する場合には、上記に加え[オプション / ログ]項目にて
  保存ディレクトリをご確認の上、バックアップをお願いいたします。
  初期設定では、[<Install_Dir>/logs/]フォルダに各種ログが保存されています。

(3)「i-FILTER」サービスを開始します


・ロールバック方法
(1)「i-FILTER」サービスを停止します

(2)「バックアップ方法」で取得したディレクトリをコピーします

(3)「i-FILTER」サービスを開始します

※注意事項
=====================================================================
・バックアップ時とロールバック時は同一のバージョンをご利用ください。

・サービス再起動時は、プロキシ機能がご利用いただけなくなります。 再起動時間は、目安として5分から~10数分程度を見ていただき、
 アクセスが少ない時間帯に実施してください。

・異なるサーバ間でも同一プラットフォーム間(Windows → Windows)で
 あれば同じバックアップファイルがご利用可能です。

・IPアドレスがバックアップ元から変更される場合には、以下を手動で変更してください。
 ------------------------------------------------------------------
 (1) 管理画面[オプション > システムパラメーター]の「IPアドレス」
 (2) <インストールディレクトリ>/conf 配下の"replica.conf" 内に
   指定されている"IPアドレス"(「設定同期機能」使用時のみ)
 ------------------------------------------------------------------

・ホスト名変更時には設定は不要です。
=====================================================================

関連コンテンツ
「i-FILTER」Ver.7 のサーバーリプレース時、移行手順と注意点を教えて...
「i-FILTER」Ver.8 設定移行支援ツールで移行できない設定や注意点を教...
「i-FILTER」Ver.7 の「バックアップ・ロールバック機能」及び、「設定...
サーバーリプレースに伴い「i-FILTER」を Ver.6 から Ver.7 に...
「i-FILTER」Ver.7 の「バージョンアップ」する時に気をつける点はあり...
 

感動しました
解決しました
参考になりました
もっと詳しく
わかりにくい
問い合わせます