i-FILTER Ver.10
i-FILTER Ver.9
i-FILTER Reporter
m-FILTER
D-SPA
D-SPA Manager
DigitalArts@Cloud
i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3/Ver4
FinalCode
m-FILTER MailAdviser
Labeling
お知らせ
サポート終了製品

URLをクリップボードにコピーしました
FAQ_URL:https://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=116
  FAQ_ID:116
Business > m-FILTER > アンチスパム
 
「m-FILTER」「DNSBL」の設定は行ったほうが良いのですか
対応バージョン: m-FILTER Ver.4 Ver.5
対応OS: すべてのOS

「DNSBL(DNS-based Blackhole List)」とは、
「スパムの送信元、中継を行うホストの IP アドレス及びドメインを
収集したデータベース」です。

本設定を行うことによって、スパムが送信されるホストからのメールは
スパムとして判定し、さらにフィルターマッチング処理も高速になります。

ただし近年では「迷惑メールとは無関係のIP アドレスをまきぞえに
してしまっているケースが無視できないほど多い」とボランティア
ハッカーによる検証報告があります。

設定する RBL (Realtime Blackhole List ) サービスに関しては、
十分に注意してご検討頂く必要があります。 

※弊社ではDNSBLへの登録対象としては特に推奨する内容はございません。
またDNSBLに登録したことによる判定結果については弊社サポート外となります。予めご了承ください。
関連コンテンツ
「m-FILTER」「DNSBL」は判定に「接続元のIP」を利用するのでしょうか
「m-FILTER」 アンチスパムのシステムフィルターを動作テストする方法はあり...
「m-FILTER」"DNSBL"のアドレスを複数指定することはできますか
「m-FILTER」「未承諾広告※」がついたスパムと思われるメールが届いてしまう...
「m-FILTER」拡張システムフィルター有効化および、システムフィルター無効化...
 

感動しました
解決しました
参考になりました
もっと詳しく
わかりにくい
問い合わせます