i-FILTER Ver.10
i-FILTER Ver.9
i-FILTER Reporter
m-FILTER
D-SPA
D-SPA Manager
DigitalArts@Cloud
i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3/Ver4
FinalCode
m-FILTER MailAdviser
お知らせ
サポート終了製品

URLをクリップボードにコピーしました
FAQ_URL:https://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=1408
  FAQ_ID:1408
Business > i-FILTER Ver.10 > ネットワーク
Business > i-FILTER Ver.10 > システム構成
Business > i-FILTER Ver.9 > ネットワーク
Business > i-FILTER Ver.9 > システム構成
Business > サポート終了製品 > i-FILTER Ver.8.5 > ネットワーク
Business > サポート終了製品 > i-FILTER Ver.8.5 > システム構成
Business > サポート終了製品 > i-FILTER Ver.8.0 > ネットワーク
Business > サポート終了製品 > i-FILTER Ver.8.0 > システム構成
 
「i-FILTER」proxy.pac利用環境でブロック画面表示のタイムアウトや不定期にWebアクセス遅延が発生するのですが
対応バージョン: i-FILTER Ver.8 Ver.9 Ver.10
対応OS: すべてのOS


「名前解決」が問題となっている可能性があります。

「i-FILTER」では、ブロック画面を表示する際に仮想ホスト"inetnf.xxx"のリンクを
ブラウザにレスポンスします。

▼設定画面
 Ver.8/Ver.9 [システム設定 / システムパラメーター設定 / システム動作設定]
 Ver.10 [システム / システムパラメーター / 動作設定]


※画像はVer.10管理画面です

この仮想ホストが「i-FILTER」を通さない設定となっている場合、ブラウザは
インターネット上のホストあての要求としてDNSによる名前解決を行います。

通常、仮想ホスト名は名前解決に失敗するため、ブロック画面の表示失敗や、
それにともなうブロック解除動作/Webアクセス遅延が発生します。

“proxy.pac”や“WPAD”を使用した「プロキシ自動構成スクリプト」を使用している場合、
スクリプトの作成方法によっては仮想ホスト"inetnf.xxx"が「i-FILTER」を経由しない
 “return DIRECT” に振り分けられる可能性があります。

仮想ホスト名 "inetnf.xxx"は、名前解決をせずに「i-FILTER」を経由することを
前提としているため、以下のような事象が発生する場合があります。

■事象発生時系列
------------------------------------------------------------------------
(1) ブラウザから<http://www.example.com/>に「i-FILTER」経由でアクセス

(2) <http://www.example.com/>はブロック対象のため、「i-FILTER」は
  ブロック画面をレスポンス

(3)ブロック画面のコンテンツ内に<http://
inetnf.cts/block.jpg>が存在

(4)ブラウザはproxy.pac から「inetnf.cts」がプロキシ非経由対象であることを確認

(5)クライアント端末で「inetnf.cts」の名前解決を実施

(6)名前解決の失敗によりブロック画面の表示に失敗
------------------------------------------------------------------------


ご利用環境で上記に該当するプロキシ自動構成を使用している場合は、
スクリプトの内容を確認してください。


■名前解決を行う一般的なPAC記述

 下記のPAC記述はDNS参照を行うため上記事象に該当する可能性があります。これらを
 使用せずにproxy.pacを記述するなどの対応を実施ください。

 ● isInNet

 名前解決後サブネット内か確認

 ● dnsResolve

 IPアドレスへ変換

  isResolvable

 名前解決が可能か確認



※下記にpacファイルの設定例を挙げますが、
 ご利用環境に合わせたproxy.pacの記述方法の提案に関しては
 弊社サポート対象外となります。


【proxy.pacファイル編集例】
----------------------------------------------------------------------
function FindProxyForURL(url, host)
{
----------------------------------------------------------------------

上記セクションの直下に以下の2行を追加

----------------------------------------------------------------------
if( dnsDomainIs(host,"inetnf.msg") || dnsDomainIs(host,"inetnf.cts"))
return "PROXY i-FILTERのIPアドレス:i-FILTERのポート";
----------------------------------------------------------------------

関連コンテンツ
「i-FILTER」で設定可能なスレッド数と注意点を教えてください
「i-FILTER」 DNSキャッシュ設定の「成功時タイムアウト」や「失敗時タイ...
「i-FILTER」管理画面[システム機能設定]「スレッド数」「プロセス数」設定...
「i-FILTER」 スレッド数(同時接続数)が不足した場合はどのような動作にな...
「i-FILTER」 Windows Server 環境で特定Webサイト(Ya...
 

感動しました
解決しました
参考になりました
もっと詳しく
わかりにくい
問い合わせます