i-FILTER Ver.10
i-FILTER Ver.9
i-FILTER Reporter
m-FILTER
D-SPA
D-SPA Manager
DigitalArts@Cloud
i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3/Ver4
FinalCode
m-FILTER MailAdviser
Labeling
お知らせ
サポート終了製品

URLをクリップボードにコピーしました
FAQ_URL:http://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=1458
  FAQ_ID:1458
Business > サポート終了製品 > i-FILTER Ver.8.5 > プロキシ認証
Business > サポート終了製品 > i-FILTER Ver.8.0 > プロキシ認証
 
「i-FILTER」Ver.8 でNTLM認証を用い運用していますが、特定のクライアント(Windows XP)" で認証画面が表示されるようになってしまいました。※突然表示されるようになった認証画面

対応バージョン: i-FILTER Ver.8
対応OS: すべてのOS

 

該当のクライアントで、下記手順を実施いただくことで事象が改善する可能性があります。

これは何らかのタイミング時に認証画面が出てしまった際、ユーザー情報とパスワードを入れ、
「パスワードを記憶する」にチェックを入れて認証を行った際、クライアント OS 側の仕様上
"Credentialfile」"というファイルが作成され、以降クレデンシャルファイルの情報を使って
認証を行うことにより発生いたします。

[対処手順]

下記ディレクトリ内のファイルを削除します。

C:\Documents and Settings\<ユーザーアカウント名>\Application Data\
Microsoft\Credentials\<任意の文字列>\Credential

注:上記ファイルは、OS 側にて通常表示されない設定となっております。
  コントロールパネルの、フォルダーオプションより、表示タブの一番下、
  「保護されたオペレーティングシステムファイルを表示しない」
  のチェックを一旦外していただき、"適用"をお願いいたします。

上記は Cドライブに Windows をインストールした場合の例となります。
また、<任意の文字列> フォルダは環境によって異なるフォルダ名となります。
該当の箇所には1つしかフォルダがないと考えられますのでそちらをご選択ください。

尚、上記ファイルは「i-FILTER」以外の他の外部ドメインリソース等への認証情報も記憶されている為、
他のリソースへのパスワードを保存されている場合は、上記ファイル削除時に一緒にクリアされます。
"Credential" ファイル削除については、十分にご検討ください。
 

関連コンテンツ
「i-FILTER」プロキシ認証環境でWebブラウザが起動していないときに「認証...
「i-FILTER」Windows版 NTLM認証環境で製品バージョンアップ後に...
「i-FILTER」Ver.8 のNTLM 認証環境でログオンユーザー名以外で認...
「i-FILTER」「NTLM認証」を使用している環境で、認証サーバとなるドメイ...
「i-FILTER」Ver.8 Windows版の「NTLM認証」を利用していま...
 

感動しました
解決しました
参考になりました
もっと詳しく
わかりにくい
問い合わせます