i-FILTER Ver.10
i-FILTER Ver.9
i-FILTER Reporter
m-FILTER
D-SPA
D-SPA Manager
DigitalArts@Cloud
i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3/Ver4
FinalCode
m-FILTER MailAdviser
お知らせ
サポート終了製品

URLをクリップボードにコピーしました
FAQ_URL:http://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=1474
  FAQ_ID:1474
Business > i-FILTER Ver.10 > ログ出力
Business > i-FILTER Ver.9 > ログ出力
Business > サポート終了製品 > i-FILTER Ver.8.5 > ログ出力
Business > サポート終了製品 > i-FILTER Ver.8.0 > ログ出力
 
「i-FILTER」 ログ保存先に出力される"access.log0000.list"や"access.log0000.rotate"にはどのような内容が記載されていますか
対応バージョン: i-FILTER Ver.8 Ver.9 Ver.10
対応OS: すべてのOS


● access.logXXXX.list

アクセスログの「自動削除」の履歴を記録が出力されます。ユーザーによる削除、変更により
整合性が取れなくなると機能が正常に動作しなくなります。


● access.logXXXX.rotate

ローテートの「最終日」が出力されます。


※ ファイル名の「XXXX」はif_proxy のプロセス番号です。「i-FILTER」はプロセスごとに
  ログ出力を実施するため、マルチプロセス環境では最大4つのログが
  出力されます。if_proxyプロセスが1つしか動作していない場合(初期設定)は、
  アクセスログのファイル名は「××××」の箇所は「0000」となります。




 

関連コンテンツ
「i-FILTER」Ver.8 ログローテーションが正常に行われません
「i-FILTER」 「アクセスログ」にはどのような出力形式がありますか
「i-FILTER Reporter」システムログの「ローテート処理」及び「自動...
「i-FILTER」システム管理者が管理すべきログを教えてください
「i-FILTER」 プロキシ認証環境で特定のクライアント端末のみ認証除外クライ...
 

感動しました
解決しました
参考になりました
もっと詳しく
わかりにくい
問い合わせます