i-FILTER Ver.10
i-FILTER Ver.9
i-FILTER Reporter
m-FILTER
D-SPA
D-SPA Manager
DigitalArts@Cloud
i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3/Ver4
FinalCode
m-FILTER MailAdviser
お知らせ
サポート終了製品

URLをクリップボードにコピーしました
FAQ_URL:http://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=155
  FAQ_ID:155
Business > m-FILTER > メール配送(SMTP)
 
「m-FILTER」メールアドレスに「%」「"」「'」といった文字列が含まれていると送信できないことがあるのはなぜですか

対応バージョン: m-FILTER Ver.2 Ver.3 Ver.4
対応OS: すべてのOS

「m-FILTER」の「パーセントハック対策」機能によるものである可能性があります。
その場合は、設定ファイル内のパラメータを手動変更することで回避可能です。

「m-FILTER」では、特定の文字列がメールアドレスのローカルパート("@" 以前)に
含まれている場合に、「不正なリレー」と判断してメール配送を行いません。

デフォルトではチェック対象文字列は「%」のみですが、下記の場合に
「%」以外の文字列も対象となることがあります。

---
・「Ver.2.50R02」以前の環境からバージョンアップした場合
 ※Ver.2.50R02以前では、デフォルトで「%」「"」「'」の3つを対象としていたため。
   Ver.2.50R03以降では「%」のみに変更しています。

・設定ファイルのパラメータを手動で変えている場合
---

MTAなどの設定によっては、自動的に「"」にてメールアドレスの補完を
行う場合があり、メール送信できなくなることがあります。
ここでは例として「"」が許可されていない状態から、「"」を含む
メールアドレスの送信を行うことを可能にする設定手順を案内します。

▽設定手順
=========================================================
(1)下記ファイルをテキストエディタで開いてください。

 「m-FILTER」インストールディレクトリ/conf/mf_smtp.def

(2)パラメータ "LOCAL_PART_REFUSAL_SIGN" を特定してください。
  右辺の値が「%」のみになるように編集してください。

  ---
  LOCAL_PART_REFUSAL_SIGN = %'"
  ↓
  LOCAL_PART_REFUSAL_SIGN = %
  -----
  編集後、ファイルの上書き保存を行ってください。

(3)「m-FILTER」のサービスを再起動してください。
=========================================================

関連コンテンツ
「m-FILTER」SMTP送信した場合のメールサイズ制限はありますか
「m-FILTER」「500 5.5.1 Command unknown」のエラ...
「m-FILTER」『このメールは「m-FILTER」が自動的に生成して送信して...
「m-FILTER」「553 authentication failure」のエ...
「m-FILTER」「メールアドレス単位」で「送信メールサーバー」を変更すること...
 

感動しました
解決しました
参考になりました
もっと詳しく
わかりにくい
問い合わせます