i-FILTER Ver.10
i-FILTER Ver.9
i-FILTER Reporter
m-FILTER
D-SPA
D-SPA Manager
DigitalArts@Cloud
i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3/Ver4
FinalCode
m-FILTER MailAdviser
Labeling
お知らせ
サポート終了製品

URLをクリップボードにコピーしました
FAQ_URL:http://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=1551
  FAQ_ID:1551
Business > i-FILTER Ver.10 > システム構成
Business > i-FILTER Ver.9 > システム構成
Business > サポート終了製品 > i-FILTER Ver.8.5 > システム構成
Business > サポート終了製品 > i-FILTER Ver.8.0 > システム構成
 
「i-FILTER」 管理画面「システム(プロキシ)動作設定」内の“Keep-Alive接続”とは、どのような機能ですか
対応バージョン: i-FILTER Ver.8 Ver.9 Ver.10
対応OS: すべてのOS

Keep-Alive接続が有効な場合、複数のHTTPリクエストをひとつのセッションで処理することが可能です。
これにより、「コネクション数の軽減」や「コネクション確立のためのTCP通信量の軽減」が期待できます。

ただし、環境によっては接続が持続することによって、新規接続ができなくなる可能性が
増加するため、安定した通信回線でタイムアウト値を適切に設定する必要があります。

▽設定項目
[システム設定 / システムパラメーター設定 / システム動作設定]
[システム / システムパラメーター / 動作設定] ※Ver.10


※ Keep-alive を実施するには、接続先でもKeep-Aliveが有効に設定されている必要があります
 

関連コンテンツ
「i-FILTER」 システム動作(プロキシ動作設定)の「タイムアウト」と、"K...
「i-FILTER」旧バージョン(Ver.7)の"HTTP詳細制御URL設定"に...
「i-FILTER」 プロキシタイムアウトの値を大きくした場合の影響を教えてくだ...
「i-FILTER」 Webサーバーや上位プロキシサーバーとの通信に失敗する場合...
「i-FILTER」 OSの修正パッチ/セキュリティパッチ/ライブラリを適用する...
 

感動しました
解決しました
参考になりました
もっと詳しく
わかりにくい
問い合わせます