i-FILTER Ver.10
i-FILTER Ver.9
i-FILTER Reporter
m-FILTER
D-SPA
D-SPA Manager
DigitalArts@Cloud
i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3/Ver4
FinalCode
m-FILTER MailAdviser
Labeling
お知らせ
サポート終了製品

URLをクリップボードにコピーしました
FAQ_URL:http://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=157
  FAQ_ID:157
Business > サポート終了製品 > i-FILTER Ver.7 > 構成
 
「i-FILTER」Ver.7 ICAP Serever と「Squid 3.0」を「ICAP機能」連携させるにはどうすればいいですか

対応バージョン: i-FILTER Ver.7
対応OS: Linux、Solaris

■「i-FILTER」と「Squid 3.0」が同居している場合は、以下設定を「Squid 3.0」(squid.conf)内の最終行に追加してください。
また、ポート番号はICAPサーバーの待ち受けポート番号「13080」(デフォルト)を記述します。

=================================================================================
icap_enable on
icap_send_client_ip on
icap_send_client_username on
icap_service ifservice_1 reqmod_precache 0 icap://127.0.0.1:ポート番号/reqmod
icap_class ifclass_1 ifservice_1
icap_access ifclass_1 allow all
=================================================================================


■「i-FILTER」側で認証を行う場合は、下記設定変更を行ってください。
=================================================================================
(1) 下記ファイルをテキストエディタで開いてください。

 「i-FILTER」インストールディレクトリ/conf/if_ICAP.def


(2) 下記パラメータをファイル末尾に追記してください。

 s<TAB>SQUID3_CORRESPONDENCE = ON

 ※TABに注意。

その後ファイルを上書き保存し、「i-FILTER」を再起動してください。
=================================================================================

関連コンテンツ
「i-FILTER」AV Adapter オプションに対応しているウイルススキャ...
「i-FILTER」Ver.8.5 で使用されているカテゴリパラメーターを教えて...
「i-FILTER」Ver.8 で使用されているカテゴリパラメーターを教えてくだ...
「i-FILTER」Ver.7 ICAP Server版から「i-FILTER」...
「i-FILTER」Ver.7「SSL接続終端処理設定」(「SSLブロック画面」...
 

感動しました
解決しました
参考になりました
もっと詳しく
わかりにくい
問い合わせます