i-FILTER Ver.10
i-FILTER Ver.9
i-FILTER Reporter
m-FILTER
D-SPA
D-SPA Manager
DigitalArts@Cloud
i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3/Ver4
FinalCode
m-FILTER MailAdviser
お知らせ
サポート終了製品

URLをクリップボードにコピーしました
FAQ_URL:https://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=167
  FAQ_ID:167
Business > サポート終了製品 > i-FILTER Ver.7 > その他
 
「i-FILTER」Ver.7 の「コンテンツキャッシュ設定」を有効にした場合、「キャッシュされたデータ」はどこに残っているのでしょうか

対応バージョン:i-FILTER Ver.7
対応OS:全てのOS

キャッシュデータはファイルとして残らず、サーバーの
メモリー上に展開されています。
コンテンツキャッシュをクリアするには、「i-FILTER Ver.7」の再起動が必要です。

なお、「i-FILTER Ver.7」 コンテンツキャッシュ設定を行う箇所は下記の通りです。


---
[ トップ >> オプション >> プロキシサーバー設定 >> コンテンツキャッシュ設定 ] 項目
---

▼設定可能項目
---
[1]「キャッシュ機能 ON/OFF」

[2]「キャッシュ全体の最大容量」
[3]「キャッシュするファイルのサイズ制限」
[4]「TTL初期値/基本値」
---

関連コンテンツ
「i-FILTER」キャッシュ設定を有効にした場合、キャッシュされたデータの保存...
「i-FILTER」Ver.7 の「コンテンツキャッシュ」で設定する最大容量は、...
「i-FILTER」Ver.7 の "コンテンツキャッシュ" 機能により、メモリ...
「i-FILTER」Ver.8 コンテンツキャッシュ機能を有効にしているにもかか...
「i-FILTER」Ver.7 のシステムパラメーター「スレッド数」設定の目安は...
 

感動しました
解決しました
参考になりました
もっと詳しく
わかりにくい
問い合わせます