i-FILTER Ver.10
i-FILTER Ver.9
i-FILTER Reporter
m-FILTER
D-SPA
D-SPA Manager
DigitalArts@Cloud
i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3/Ver4
FinalCode
m-FILTER MailAdviser
Labeling
お知らせ
サポート終了製品

URLをクリップボードにコピーしました
FAQ_URL:https://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=1960
  FAQ_ID:1960
Business > サポート終了製品 > i-FILTER Ver.8.0 > インストール・バージョンアップ
 
「i-FILTER」Ver.8 設定移行支援ツールで移行できない設定や注意点を教えてください
対応バージョン: i-FILTER Ver.8
対応OS: すべてのOS

****************************************************************
※ 本FAQページでは、下記ページよりダウンロード可能な 「i-FILTER」Ver.8設定移行支援ツールについてご案内します。
  ツールの概要については、リンク先ページをご参照ください。

 ▽「i-FILTER」Ver.8設定移行支援ツールダウンロードページ
 http://download.daj.co.jp/user/ifilter/V8/update/
 
 閲覧には、以下の認証が必要となります。
 ------------------------------------------------------
 ユーザー名:ご利用のi-FILTER のシリアルNo
 パスワード :ご利用のi-FILTER でご登録のメールアドレス
 ------------------------------------------------------
****************************************************************

「i-FILTER」Ver.8 は、旧バージョンとアーキテクチャが大きく異なります。
そのため、設定移行については、以下の制限項目があります。

==================================
◇ 移行に一部制限がある設定
==================================
[ グループ設定 / グループ名 ]
 ※Ver.8 禁止文字列(!*等)を使用しているグループ名は変換して移行
 ※以下に該当するグループは移行対象外
  --------------------------------------------------------
  ・基本情報で「設定を使用しない」を選択したグループ
  ・ユーザーが登録されていないグループ
  ・グループ名が「all」と一致したグループ
  --------------------------------------------------------

[ グループ設定 / グループ情報 / フィルター強度情報 / URLフィルター設定 ]
 カテゴリの[ON/OFF]と動作[ブロック/パスワード/警告]は移行されるが、
 「POSTフィルター」および「SSLデコードログ出力除外」設定は移行されない

[ グループ設定 / グループ情報 / 個別リスト設定 ] ※1
 「ブラックリスト(カテゴリ1~3/優先)/ホワイトリスト/ブラック除外リスト」は、
 "URL"のみ移行。また、設定が無効のリストは移行対象外
 「禁止単語リスト」は、パーツのみ作成されグループに対して適用されない

[ 共通リスト設定 ] ※1
 「ブラックリスト(カテゴリ1~3/優先)/ホワイトリスト/ブラック除外リスト」は、
 "URL"のみ移行。また、設定が無効のリストは移行対象外
 「禁止単語リスト」は、パーツのみ作成されグループに対して適用されない

[ ユーザープリセット / ルール ]
 使用中のプリセットのみ移行され、グループに適用される

[ ユーザープリセット / フィルター強度 ]
 使用中のプリセットのみ移行され、グループに適用される

[ 管理 / 主管理者設定 ]
 ユーザー名のみ移行(パスワードは「password」で再設定される)
 「アクセス関連」、「ログイン許可IPアドレス」設定は移行されない
 
[ 管理 / グループ管理者設定 ]
 ユーザー名のみ移行(パスワードは「password」で再設定される)
 「動作権限」は移行されない

[ 管理 > オプション / ユーザー認証 ]
 「LDAP/NTLM認証オプション」は基本設定で選択されている認証方式のみ移行
 「独自認証オプション」は移行されない(Ver.7でエクスポートしたユーザー情報のインポートが可能)
 「認証ログファイル名」は移行されない(仕様変更により認証ログが独自に出力されない)
 

 

[ 管理 > オプション / メール送信設定 ]
 「送信しない」設定にて移行(設定ファイル移行途中のメール送信を防止するため)


※1…URL項目にHTTPSサイトを「https://www.example.co.jp/」のように記述した場合も
    移行はされますが、 「i-FILTER」 Ver.8.01R02 以前のバージョンの仕様では
    この記述にてURLを認識することができません。(「www.example.co.jp:443」のように
    記述する必要があります。)

    Ver.7 にて上記のような設定がある場合には、この記述方法に対応した
    「Ver.8.01R03」以降のバージョンをご利用ください。


====================================================================
◆ 移行されない設定
====================================================================
[ グループ設定 / グループ情報 / フィルター強度情報 / コンテンツフィルター設定 ]
[ グループ設定 / グループ情報 / 時間割設定 ]
[ グループ設定 / グループ情報 / 禁止メッセージ設定 ]

[ ユーザープリセット / 禁止メッセージ画面 ]

[ リクエストフィルター ]

[ 管理 > オプション / 上位プロキシサーバー設定 ]
[ 管理 > オプション / 上位プロキシサーバー除外ホスト ]
[ 管理 > オプション / ログ ](ログ設定全般)
[ 管理 > オプション / フィルターデータベース ]
[ 管理 > オプション / プロキシサーバー設定 ]
[ 管理 > オプション / システムパラメーター ]
[ 管理 > オプション / エラーメッセージ変更 ]
[ 管理 > オプション / 設定復元機能 ]
[ 管理 > オプション / バックアップ・ロールバック機能 ]
[ 管理 > オプション / 設定同期 ]
[ 管理 > オプション /> HTTP詳細制御URL設定 ]

[ オプションツール / Info Board 設定 ](設定項目なし)
[ オプションツール / SSL-Adapter 設定 ]
[ オプションツール / AV-Adapter 設定 ]

関連コンテンツ
「i-FILTER」設定移行支援ツールでVer.7からVer.8.5(9.x)へ...
「i-FILTER」Ver.7 設定のバックアップおよびロールバック手順を教えて...
「i-FILTER」Ver.7 のサーバーリプレース時、移行手順と注意点を教えて...
「i-FILTER」Ver.6 からVer.9へのバージョンアップは可能でしょう...
「i-FILTER」 製品をバージョンアップする際に実施しておくべき点はあります...
 

感動しました
解決しました
参考になりました
もっと詳しく
わかりにくい
問い合わせます