i-FILTER Ver.10
i-FILTER Ver.9
i-FILTER Reporter
m-FILTER
D-SPA
D-SPA Manager
DigitalArts@Cloud
i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3/Ver4
FinalCode
m-FILTER MailAdviser
お知らせ
サポート終了製品

URLをクリップボードにコピーしました
FAQ_URL:http://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=1966
  FAQ_ID:1966
Business > i-FILTER Ver.9 > インストール・バージョンアップ
 
「i-FILTER」Ver.6 からVer.9へのバージョンアップは可能でしょうか
対応バージョン: i-FILTER Ver.9
対応OS: すべてのOS

■注意事項■
********************************************************************
「i-FILTER」Ver.9は、旧バージョンからすべての設定を移行することは
できません。

また、「i-FILTER」Ver.9 のプロキシ通信はRFCに準拠した仕様となっていますが、
旧バージョンからアーキテクチャが大きく異なっているため、環境によっては、
旧バージョンとの仕様差異により問題が発生する可能性もあるため、本番運用前に
動作環境の確認や導入検証を実施してください。


 ▽「i-FILTER」Ver.9 動作環境
 https://www.daj.jp/bs/i-filter9/sysreq/requirements/
********************************************************************

本FAQページでは、上記注意事項を踏まえた上でVer.6の設定を
Ver.9へ移行する手順を紹介します。


【前提条件・事前準備】

■サービス状態

各バージョンの「i-FILTER」は同じサーバーへインストールすることは可能ですが、
同時に起動することはできません。
異なるバージョンの「i-FILTER」が停止している状態でインストールやサービス
開始作業を実施してください。

■再アクティベーション

異なるサーバにインストールする場合、正式シリアルを新サーバーに入力する前に
「ライセンス情報サイト」より、再アクティベーション手続きを行う必要があります。
  

【移行手順】
─────────────────────────────────

1. Ver.7 をインストール

 ※バージョンアップ作業時に合わせてLinux版からWindows版など、異なる
  プラットフォームへの移行を実施する場合は、新規サーバにVer.7 を
  インストールしてください。

2. Ver.7 にVer.6 の設定を移行

 ▽参考マニュアル
 -----------------------------------------
 「i-FILTER Ver.7 インストールマニュアル」
 【4-7 「i-FILTER」Ver.6からのバージョンアップについて】
 -----------------------------------------

 ※ Windows版からLinux版へ設定移行する場合などconfディレクトリが
   標準以外のディレクトリに存在する場合は"convert.dat"に
   confディレクトリが保存されているパスをフルパスで記述してください。

   "convert.dat"には、confディレクトリの親ディレクトリまでを記述します。
 
   ---------------------------------------------
   D:\tmp\conf に保存した場合の記述: D:\tmp\
   /tmp/conf に保存した場合の記述: /tmp
   ---------------------------------------------
 
3. Ver.7をアンインストール

 移行が完了していることを確認後、Ver.7をアンインストールします。

4. Ver.9 をインストール

 インストーラーからVer.9を新規インストールします。

5. 移行準備(confディレクトリを用意)

 
Ver.7 およびVer.9 のconfディレクトリを任意のWindows端末にコピーします

 confディレクトリはいずれのバージョンも以下のパスとなります。

 <インストールディレクトリ>/conf/

6. 設定移行支援ツールを実行

 
設定移行支援ツールを入手し実行します

 ▽設定移行支援ツール入手方法
 ------------------------------------------------------------------
 1. <サポート情報サイト>にアクセスします
  
 2. 認証ダイアログが表示されますので、下記情報にてログインしてください。

   ユーザー名:お使いのi-FILTERのシリアルNo.
   パスワード:お使いのi-FILTERでご登録のメールアドレス

 3. 「アップデート手順」ページにて設定移行支援ツール・説明資料をダウンロードします
 ------------------------------------------------------------------

7. 移行済み設定の適用とサービス開始

 
設定移行済みのconfディレクトリを初期状態のconfディレクトリと置き換えてから
 「i-FILTER」Ver.9 サービスを開始します。


以下のFAQページもご参照ください。

 ▽「i-FILTER」 設定移行支援ツールでVer.7からVer.8.5(9.x)へ移行できない設定や注意点を教えてください
 http://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/detail.asp?baID=18&FAQID=2530

 ▽「i-FILTER」 旧バージョン(Ver.7以前)からVer.9やVer.8に移行後に注意する点はありますか
 http://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/detail.asp?baID=18&FAQID=3044




■サーバリプレースに伴う再アクティベーション手順について
───────────────────────────────────
異なるサーバにインストールする場合、正式シリアルを新サーバーへ
導入する前に、下記ページより再アクティベーション申請を行う必要があります。

 ▽「ライセンス情報サイト」
 https://sec2.daj.co.jp/license/ifilterV7/

上記ページのログインパスワードは、現在ご利用されている
「i-FILTER」 の管理画面[ ユーザー登録・確認 ]にてご確認ください。


再アクティベーションを実施した場合、旧サーバーの「i-FILTER」では、
1週間以内にライセンスエラーが発生し、機能制限によりフィルタリング動作が
行えなくなります(プロキシ動作は可能です)。

旧サーバを一時的に並行して運用する場合には、下記ページより
試用シリアルを取得してください。

  ▽「i-FILTER」試用版ダウンロードページ
  https://sec2.daj.co.jp/bs/trial/if_old/

複数シリアルやオプション機能が必要な場合等、上記ページにて対応が
できない場合には、サポートセンターに以下をご連絡ください。

 --------------------------------------------------------------
 ●ご希望される試用期限
 ●インストールされるサーバー台数
 ●必要な「i-FILTER」オプション(Log Search、SSL Adapter等)
 --------------------------------------------------------------
  
 ▽サポートお問い合わせフォーム
 https://sec2.daj.co.jp/bs/ask/
 
関連コンテンツ
「i-FILTER」設定移行支援ツールでVer.7からVer.8.5(9.x)へ...
サーバーリプレースに伴い「i-FILTER」を Ver.6 から Ver.7 に...
「i-FILTER」 製品をバージョンアップする際に実施しておくべき点はあります...
「i-FILTER」Ver.8 設定移行支援ツールで移行できない設定や注意点を教...
「i-FILTER」Ver.9 旧バージョン(Ver.8.x)からのアップデート...
 

感動しました
解決しました
参考になりました
もっと詳しく
わかりにくい
問い合わせます