i-FILTER Ver.10
i-FILTER Ver.9
i-FILTER Reporter
m-FILTER
D-SPA
D-SPA Manager
DigitalArts@Cloud
i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3/Ver4
FinalCode
m-FILTER MailAdviser
お知らせ
サポート終了製品

URLをクリップボードにコピーしました
FAQ_URL:https://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=2000
  FAQ_ID:2000
Business > D-SPA
Business > D-SPA > プロキシ認証
 
「D-SPA」「LDAP認証設定」の“Cache Time to Live”に設定されている秒数を経過してしまった場合、再度ブラウザから認証情報を入力する必要はありますか
対応バージョン: すべてのバージョン

“Cache Time to Live”の時間が経過した後も再度認証画面が表示されることは
ありません。

"Internet Explorer"であればブラウザ側で認証情報がキャッシュされて
いますので、新たにブラウザを起動しない限り認証を求められることはありません。
この点については各社のブラウザ仕様に依存します。
関連コンテンツ
「i-FILTER」 LDAP認証設定の“Cache Time to Live”...
「i-FILTER」Ver.7 の「LDAP認証」の“Cache Time to...
「i-FILTER」Ver.7 の「NTLM認証」で、同じ端末からログオンユーザ...
「D-SPA」「NTLM認証」を利用しています。異なるユーザーで再度クライアント...
「D-SPA」NTLM 認証環境でログオンユーザー名以外で認証される場合がありま...
 

感動しました
解決しました
参考になりました
もっと詳しく
わかりにくい
問い合わせます