i-FILTER@Cloud
i-FILTER@Cloud GIGAスクール版
m-FILTER@Cloud
Desk@Cloud
i-FILTER Ver.9/Ver.10/Reporter
i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3/Ver4
m-FILTER
D-SPA
FinalCode
m-FILTER MailAdviser
お知らせ

URLをクリップボードにコピーしました
FAQ_URL:https://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=2000
  FAQ_ID:2000
Business > D-SPA
Business > D-SPA > プロキシ認証
 
「D-SPA」LDAP認証設定の『Cache Time to Live』を経過した場合、再度ブラウザから認証情報を入力する必要はありますか
対応バージョン: D-SPA Ver.3 Ver.4

一般的なブラウザでは認証情報をキャッシュするため、ブラウザを終了しない限り
『Cache Time to Live』の時間が経過した後も再度認証画面が表示されることはありません。
 
『Cache Time to Live』の時間が経過後に、リクエストがあった場合、
「D-SPA」からLDAPサーバーへの認証が行われます。
 
※弊社内ヒートランテストの結果では、“Cache Time to Live”の値を「30」以下に
 設定した場合に、
認証サーバーが過負荷状態になるリスクを確認しています。
 30秒以下の設定値は非推奨となります。
 
関連コンテンツ
「i-FILTER」 LDAP認証設定の 『Cache Time to Live...
「D-SPA」LDAP認証を利用した環境でブラウザを開くたびにパスワードを求めら...
「D-SPA」NTLM 認証環境でログオンユーザー名以外で認証される場合がありま...
「D-SPA」DNSキャッシュ設定の『成功時タイムアウト』や『失敗時タイムアウト...
「D-SPA」NTLM認証の環境で認証サーバーがダウンした場合、ドメインに参加し...
この情報は役に立ちましたか?(選択すると、コメント送信欄が表示されます)

役に立った
役に立たなかった