i-FILTER@Cloud
i-FILTER@Cloud GIGAスクール版
m-FILTER@Cloud
Desk@Cloud
i-FILTER Ver.9/Ver.10/Reporter
i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3/Ver4
m-FILTER
D-SPA
FinalCode
m-FILTER MailAdviser
お知らせ

URLをクリップボードにコピーしました
FAQ_URL:https://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=2006
  FAQ_ID:2006
Business > D-SPA
 
「D-SPA」『Keep-Alive接続』とはどのような機能ですか
対応バージョン: D-SPA Ver.2 Ver.3 Ver.4

『Keep-Alive接続』を有効にすることで、
複数のHTTPリクエストを1つのセッションで処理することが可能になります。
これにより「通信速度の向上」と「サーバーのソケットリソースの消費を抑制」といった効果が期待できます。

ただし、環境によっては接続が持続することで新規接続ができなくなる可能性が増加するため、
安定な通信環境で有効化すること、また適切なタイムアウト値の設定が必要です。

なお、"Keep-Alive"は、RFC 2616(HTTP 1.1)で規定されています。
関連コンテンツ
「D-SPA」プロキシサーバー設定にある『タイムアウト』項目内のタイムアウトは、...
「i-FILTER」 システム動作設定の『タイムアウト』と『Keep-Alive...
「D-SPA」プロキシ機能設定の 『上位コネクション』 と 『プロキシサーバー設...
「i-FILTER」 アクセスが多い時間帯にインターネット接続への遅延やタイムア...
「i-FILTER」 管理画面「システム(プロキシ)動作設定」内の『Keep-A...
この情報は役に立ちましたか?(選択すると、コメント送信欄が表示されます)

役に立った
役に立たなかった