i-FILTER Ver.10
i-FILTER Ver.9
i-FILTER Reporter
m-FILTER
D-SPA
D-SPA Manager
DigitalArts@Cloud
i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3/Ver4
FinalCode
m-FILTER MailAdviser
お知らせ
サポート終了製品

URLをクリップボードにコピーしました
FAQ_URL:https://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=2041
  FAQ_ID:2041
Business > サポート終了製品 > i-FILTER Ver.8.5 > トラブルシューティング
Business > サポート終了製品 > i-FILTER Ver.8.0 > トラブルシューティング
 
「i-FILTER」Ver.8 にてサーバーパフォーマンス関連の調査に必要な情報一覧
対応バージョン: i-FILTER Ver.8
対応OS: すべてのOS


■本FAQページが対象とするトラブル例■
 -----------------------------------------------------------------------
 ・i-FILTER 稼動時にサーバパフォーマンスが低下する
 ・i-FILTER 関連のプロセスが頻繁にダウンする
 ・i-FILTER 関連のプロセスが無応答になる
 -----------------------------------------------------------------------

上記問題について、弊社調査をご依頼いただく場合、お手数ですが
以下の情報をご提供ください。

【取得情報】
======================================================================
※<インストールディレクトリ>のデフォルトは以下になります。変更されている場合は
  適宜読み換えください。

 【Windows】
C:\Program Files\Digital Arts\i-FILTER Proxy Server Ver.8
 【Linux】/usr/local/ifilter8

(1)設定ファイル
 
 <インストールディレクトリ>/conf/
 ※ディレクトリ一式をご提供ください。

(2)各種プロセスログファイル

 <インストールディレクトリ>/logs/ 内の下記ファイル
 proxy.log****
 history.log
 listen.log
 eweb.log
 run.log
 dl.log


 ※「****」はシングルプロセス構成の場合「0000」のみとなります。
  マルチプロセス構成の場合、最大で「0000~0003」までございます。

(3)アクセスログファイル

 <インストールディレクトリ>/logs/access.log**** (当日ログ)
 <インストールディレクトリ>/logs/YYYYMMDD_access.log**** (バックアップログ)

 バックアップログのファイル名に記載されている日時は
 "ローテートを実施した日付"となります。アクセスログの
 内容をご確認の上、現象再現時のログをご提供ください。

 【例】
  「AM:500 ローテート設定(初期値)」の場合
   20120515_access.log0000→5月14日5時00分~5月15日5時00分
   20120516_access.log0000→5月15日5時00分~5月16日5時00分

 ※ファイルサイズが大きい場合には、現象再現時間の前後を
  コピーしてご提供ください。

 ※「****」はシングルプロセス構成の場合「0000」のみとなります。
  マルチプロセス構成の場合、最大で「0000~0003」までございます。

(4)サーバ情報

 =============
  Linux版
 =============
 ■現象発生時
 # df -k > df_`date +%Y%m%d_%H%M%S`.txt
 # ls -alR /usr/local/if* > ls_`date +%Y%m%d_%H%M%S`.txt
 # netstat -anp > netstat_`date +%Y%m%d_%H%M%S`.txt
 # ps -ef > ps_`date +%Y%m%d_%H%M%S`.txt
 # ps -eo pid,ppid,uid,ruid,gid,rgid,pcpu,time,rss,vsz,pmem,args >> pseo_`date +%Y%m%d_%H%M%S`.txt
 # top -b -n 6 -d 10 > top_`date +%Y%m%d_%H%M%S`.txt
 (※取得に1分間かかります)

 ■現象発生時もしくは発生後
 # ifconfig -a > ifconfig_`date +%Y%m%d_%H%M%S`.txt
 # uname -a > uname_`date +%Y%m%d_%H%M%S`.txt
 # rpm -qa > rpm_`date +%Y%m%d_%H%M%S`.txt
 # cat /etc/fstab > fstab.txt
 # cat /proc/cpuinfo > cpu.txt
 # cat /proc/meminfo > mem.txt
 # cat /proc/version > ver.txt
 # cat /etc/redhat-release > redhat.txt
 /var/log/messages
 (※出力先を変更している場合は変更後のログ)

 =============
  Windows版
 =============
 ■現象発生時
 【システム情報】
  1. [スタート > ファイル名を指定して実行] にて「msinfo32」と入力。

  2. msinfo32 起動後、[ファイル]->[上書き保存] を選択して下さい。

 【コマンド結果】
  現象発生時にコマンドプロンプトにて出力されたファイルを
  ご提供ください。

   # netstat -ano > netstat.txt

 ■現象発生時もしくは発生後
 【イベントログの取得】
  1. [スタート > 管理ツール > イベント ビューア] を選択 。

  2. [Windows ログ]の左側にある+印をクリックし、展開後に
    表示される「アプリケーション」を選択。

  3. [アプリケーション]を右クリックし、
    [すべてのイベントを名前をつけて保存]を選択し任意の名前で保存。

  4. [表示情報]のダイアログが表示されるので、
    [これらの言語についての表示情報] を選択し、[日本語(日本)]に
    チェックを入れ、[OK]ボタンをクリック。

  5.[セキュリティ] [システム] も同様の手順で保存。

(5)シリアル番号

 管理画面よりご利用のシリアル番号が確認できます
 
 管理画面[トップ > システム設定 > ユーザー登録・確認]
 ※ルート管理者(初期設定「root/password」)によるログインが必要です

(6)ネットワーク構成図

 クライアントからサーバまでの通信経路やi-FILTERと関連のある
 ネットワーク機器の構成図をご提供ください。また、各機器の
 IPアドレスをお知らせください。

 (例)
 【Internet】
  ↓ ↑
 【i-FILTER(192.168.0.20)】⇔【認証サーバ(192.168.1.10)】
  ↓ ↑
 【クライアント(192.168.0.100)】

(7)確認事項

 以下の情報をお知らせください。
 
 ・現象が発生した時刻
 ・現象再現頻度
 ・現象再現手順(発生条件等があればお知らせください)
 ・現象発生前に設定変更等を行った場合にはその作業内容
 ・現象回避のために実施した作業(サービス再起動等)とその結果
 ・その他、お客様にて取得されたログやスクリーンショット、
   ハードウェアベンダー様の解析結果等があればご提供ください。
 ・その他、お気づきの点がございましたらお知らせください。
======================================================================

発生事象および、ファイル送付手順につきまして
サポート問い合わせフォーム」か、お電話にてファイルサイズを
ご相談ください。ファイルサイズが大きい場合には、弊社契約の
オンラインストレージサービスのご案内も可能です。

※発生事象により追加情報をいただく場合もございますが、
 予めご了承ください。

関連コンテンツ
「i-FILTER」Ver.8 経由のWebアクセス全体の遅延・接続不調時の調査...
「i-FILTER」Ver.8 にて特定ページの遅延・接続不調時の調査に必要な情...
「i-FILTER」Ver.8 ご利用時のトラブル調査に必要な情報一覧
「i-FILTER」Ver.7 環境でアクセスが多い時間帯にインターネット接続へ...
「i-FILTER」Ver.8 にてプロキシ認証動作関連の調査に必要な情報一覧
 

感動しました
解決しました
参考になりました
もっと詳しく
わかりにくい
問い合わせます