i-FILTER Ver.10
i-FILTER Ver.9
i-FILTER Reporter
m-FILTER
D-SPA
D-SPA Manager
DigitalArts@Cloud
i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3/Ver4
FinalCode
m-FILTER MailAdviser
お知らせ
サポート終了製品

URLをクリップボードにコピーしました
FAQ_URL:https://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=2196
  FAQ_ID:2196
Business > D-SPA
Business > D-SPA > ログ
 
「D-SPA」アクセスログのフォーマットを教えてください
対応バージョン: Ver.1、Ver.2

下記手順で閲覧・保存可能なアクセスログは、スペース区切りで"29カラム"にて
構成されています。

 ◇アクセスログ閲覧手順
 [ サーバログ / HTTP/HTTPSプロキシログ / アクセスログ表示 ]

 ◇アクセスログ保存手順
 [ サーバログ / HTTP/HTTPSプロキシログ / アクセスログ一覧 ]

 1)「ログ選択」にて、
   アクセスログ0000(HTTP/HTTPSプロキシ) と
   アクセスログ0001(HTTP/HTTPSプロキシ)をそれぞれ選択を行い
  「圧縮開始」をクリックします。
 
 2) 「ダウンロード」項目に"access.log000x.tar.gz"が表示されます。
   「保存」をクリックし、取得をお願いします。

 ※モデルによって、アクセスログ0002、0003がございます。


下記サンプルログを例に各カラムの意味を解説します。

▽サンプルログ
---------------------------------------------------------------------------------
Dec 10 18:32:48 5207 104/01/ 192.168.1.91:8000 192.168.1.24 - username [10/Dec/2010:18:32:4
+0900] "GET http://www.abcdef.co.jp/ HTTP/1.1""http://www.abcdef.co.jp/search"Mozilla%2F4.0
503 0 886 block 25 19 108 TEST_GROUP text%2Fhtml 0 - - 951ACEEA
---------------------------------------------------------------------------------

▽各カラムの説明
カラム サンプルログ上の値 意味 備考
1 Dec アクセスログを出力した時刻 サーバ負荷時や、Keep-Alive接続時、
2 10   通信遅延発生時には、カラム「10」、「11」の
3 18:32:48   リクエスト日時と異なる場合があります
4 5207 プロセスID  
5 104/01/ 「D-SPA」プロキシバージョン情報  
6 192.168.1.91:8000 上位プロキシサーバーのアドレス 上位プロキシ有効時のみ出力されます
7 192.168.1.24 クライアントIPアドレス  
8 - コンピューター名(DNS 逆引き) DNS逆引き有効時のみ出力されます
9 username 認証ユーザー名 プロキシ認証有効時のみ出力されます
10 [10/Dec/2010:18:32:45 リクエスト日時 クライアントとのコネクションが確立した日時
11 +0900]    
12 "GET リクエスト情報  
13 http://www.abcdef.co.jp/ [メソッド、URL、HTTPバージョン]  
14 HTTP/1.1"    
15 http://www.abcdef.co.jp/search referer リクエストURLの「12~14」リンク元URL
16 Mozilla%2F4.0 URLエンコードされたUserAgent  
17 503 レスポンスコード  
18 0 レスポンスサイズ 下位に送信したデータサイズ(ヘッダを含む)
19 886 リクエストサイズ 上位に送信したデータサイズ(ヘッダを含む)
20 block フィルターアクション ※ 1
21 25 ルールに割り当てられたオブジェクトID  
22 19 フィルター理由番号 閲覧許可の場合「-1」が出力されます ※ 2
23 108 URL カテゴリリスト ブロックの有無に関わらず出力されます ※ 2
24 TEST_GROUP グループ  
25 text%2Fhtml URLエンコードされたContent-type  
26 0 SSL内部パラメーター ※ 3
27 - POST 時のファイル情報 POSTログ有効時のみ出力されます
28 - ウイルス名 AV Adapterオプション有効時のみ出力されます
29 951ACEEA チェックサム  


日本語文字列や、ドメインの区切り、content-typeの「/」はURLエンコードされます。
URLエンコードされた項目は【URLエンコード/デコードツールやWebフォーム】より
デコードすることで確認が可能です。

※ 1:フィルター時の処理アクション
   - ブロック:block
   - 警告:warning
   - パスワード:password
   - ブロック解除:unblock
   - 監視:monitor
   - 許可:allow
   - 内部エラー:error

※ 2:出力された値については「カテゴリパラメーター」を参照してください。
    (フィルターデータベースによるカテゴリ判定および、パラメーター出力は
    「i-FILTER for D-SPA」オプションが必要となります。)


※ 3:SSL 内部パラメーターが暗号化されているか
   1 = true、0 = false

▽参考マニュアル
--------------------------------------
「D-SPA」プロキシマニュアル
 └第13 章 ログフォーマット
--------------------------------------

関連コンテンツ
「D-SPA」「i-FILTER for D-SPA」オプションで使用されている...
「i-FILTER」Ver.8 が出力するアクセスログのフォーマットを教えてくだ...
「i-FILTER」Ver.7 が出力するアクセスログのフォーマットはどのような...
「サポート情報サイト」ログイン時の「シリアルNo.」と「お客様E-Mailアドレ...
「D-SPA」エクスポートしたブロックログの出力フォーマットを教えてください
 

感動しました
解決しました
参考になりました
もっと詳しく
わかりにくい
問い合わせます