i-FILTER Ver.10
i-FILTER Ver.9
i-FILTER Reporter
m-FILTER
D-SPA
D-SPA Manager
DigitalArts@Cloud
i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3/Ver4
FinalCode
m-FILTER MailAdviser
Labeling
お知らせ
サポート終了製品

URLをクリップボードにコピーしました
FAQ_URL:https://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=2213
  FAQ_ID:2213
Business > D-SPA
 
「D-SPA」UPSの設定方法を教えてください
対応バージョン: Ver.1、Ver.2

【前提条件】
 Acroware-LAN AgentPROの設定が完了し、ネットワークで通信できること
 ※Acroware-LAN AgentPROの設定に関しては、弊社ではお答えできません。
   ㈱GSユアサ、販売店などにご確認ください。


【設定手順】
1. [ システム設定 / UPS設定 ]画面にて、UPSとD-SPAの疎通設定を行います。
 ※[ システム設定 / UPS設定 ]内の"シャットダウン設定"は補助ツールのため、
  UPS側の設定が正しいかご確認ください。

2. 管理画面の[ サーバー管理 / UPSサーバー登録 ]で、D-SPAシステム内の
  固定ユーザと固定パスワードをAcroware-LAN AgentPROへ登録することができます。
  ※任意のユーザ名やパスワードの指定できません。
  ※D-SPAが設定するパスワードは開示できません。

  ※1台のUPSで複数台のSPAを管理する場合は、
      [ システム設定 / UPS設定 ]は全てのD-SPA製品で実施してください。

     [ サーバー管理 / UPSサーバー登録 ]は、いずれかの1台のみで実施してください。


【使用している通信の種類について】
UPSとD-SPAで使用する通信は、"SSH"と"HTTP"です。
D-SPAとAcroware-LAN AgentPROへは、設定や状態取得にHTTPで通信を行い、
シャットダウン処理などは、Acroware-LAN AgentPROからD-SPAにSSHで通信を行います。


【復電後のサーバーの自動起動を行う場合】
※モニター・キーボードを接続して設定を行います。

電源投入後、起動画面で、<F1>キーを押しUEFIの設定メニューに入る

UEFIのメニュー画面から「System Setting」を選択し、「Enter」キーを押す。

「Power」 で 「Enter」キーを押す。

「Power Restore Policy」 で [Always On]を選択し、「Enter」キーを押す。

「ESC」キーを2回押してUEFIメニュー画面に戻る。

全体の設定を保存するために、「Save Settings」を選択し、「Enter」キーを押す。
関連コンテンツ
「D-SPA」Ver.2 "プロキシ再起動の必要があります"のメッセージが表示さ...
「D-SPA」 サーバーを再起動する際、起動にどれぐらいかかりますか
「D-SPA」「i-FILTER for D-SPA」オプション のフィルターデ...
「m-FILTER」メール検索動作不調時の調査に必要な情報一覧
「D-SPA」「i-FILTER for D-SPA」オプションで使用されている...
 

感動しました
解決しました
参考になりました
もっと詳しく
わかりにくい
問い合わせます