i-FILTER Ver.10
i-FILTER Ver.9
i-FILTER Reporter
m-FILTER
D-SPA
D-SPA Manager
DigitalArts@Cloud
i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3/Ver4
FinalCode
m-FILTER MailAdviser
お知らせ
サポート終了製品

URLをクリップボードにコピーしました
FAQ_URL:https://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=2216
  FAQ_ID:2216
Business > i-FILTER Ver.10 > システム構成
Business > i-FILTER Ver.9 > システム構成
Business > サポート終了製品 > i-FILTER Ver.8.5 > システム構成
Business > サポート終了製品 > i-FILTER Ver.8.0 > システム構成
 
「i-FILTER」キャッシュ設定を有効にした場合、キャッシュされたデータの保存領域を教えてください
対応バージョン: Ver.8 Ver.9 Ver.10
対応OS: すべてのOS

「i-FILTER」で拡張キャッシュ(ディスクキャッシュ)機能を有効にしている場合、
キャッシュデータは以下のディレクトリに格納されます。

▽キャッシュデータ格納先
<インストールディレクトリ>/cache/

 ※デフォルトインストールディレクトリ
 【Windows版】
  C:\Program Files\Digital Arts\i-FILTER Proxy Server Ver.X\

 【Linux版】
  /usr/local/ifilterX/

※「X」部分に利用しているメジャーバージョンの値が入ります。

ディスクキャッシュ以外の下記キャッシュは、ファイルとして残らず、サーバーのメモリー上に
展開されているため、ディスク上に保存領域はありません。

●コンテンツキャッシュ
●拡張キャッシュ(メモリキャッシュ)

コンテンツキャッシュ情報の確認や、キャッシュクリアを行う場合は、以下から実行が可能です。

▽設定箇所
Ver.8 Ver.9
[ システム設定 / キャッシュコントロール設定 / キャッシュ情報 ]
Ver.10
[ システム / キャッシュ / キャッシュ情報 ]


 ※画像は「Ver.9」管理画面です

 「マルチプロセス」環境では、プロセスごとにコンテンツキャッシュを保持します
その場合は、画面左上の「プロセス番号選択」にてプロセスごとに作業が必要となります。
関連コンテンツ
「i-FILTER」Ver.7 の「コンテンツキャッシュ設定」を有効にした場合、...
「i-FILTER」Ver.8 コンテンツキャッシュ機能を有効にしているにもかか...
「i-FILTER」Ver.7 の「コンテンツキャッシュ」で設定する最大容量は、...
「i-FILTER」Ver.7 の "コンテンツキャッシュ" 機能により、メモリ...
「i-FILTER」異なるバージョンやOS間での設定同期は可能ですか
 

感動しました
解決しました
参考になりました
もっと詳しく
わかりにくい
問い合わせます