i-FILTER Ver.10
i-FILTER Ver.9
i-FILTER Reporter
m-FILTER
D-SPA
D-SPA Manager
DigitalArts@Cloud
i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3/Ver4
FinalCode
m-FILTER MailAdviser
お知らせ
サポート終了製品

URLをクリップボードにコピーしました
FAQ_URL:https://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=2250
  FAQ_ID:2250
Business > i-FILTER Ver.10 > システム構成
Business > i-FILTER Ver.9 > システム構成
Business > サポート終了製品 > i-FILTER Ver.8.5 > システム構成
Business > サポート終了製品 > i-FILTER Ver.8.0 > システム構成
 
「i-FILTER」 既存サーバーの設定ファイルを新規サーバーにコピー後に、設定同期を実施しましたが正常に同期が行われません
対応バージョン: i-FILTER Ver.8 Ver.9 Ver.10
対応OS: すべてのOS

「i-FILTER」では、"同期ID"にてサーバー固有情報を管理しており、この情報はconfディレクトリ内の
"revision.dat"に記述されています。

そのため、以下の作業を行った場合にサーバー固有情報の整合性がとれなくなり、同期エラーが発生します。



confディレクトリコピーによる設定移行

VMware やHyper-Vなどの仮想環境におけるイメージコピー


▽エラー・ログ[プロキシログ / 実行ログ / if_eweb実行ログ]
---------------------------------------------------------------------------------------
[WARN] YYYY/MM/DD/hh:mm:ss 不正な設定同期通信の接続要求を受信しました。XXX.XXX.XXX.XXX
---------------------------------------------------------------------------------------


この問題を解決するには、以下の作業を実施してください。



■作業手順

(1)コピー元とコピー先で「<インストールディレクトリ/>conf/revision.dat」を リネーム等で退避

  例)「revision.dat」→「revision.dat.bak」


(2)コピー元とコピー先で「i-FILTER」サービスを再起動


(3)「<インストールディレクトリ/>conf/revision.dat」が 再生成され、各サーバーでエラー出力がなく
  正常に同期されていることを確認


 ※ confディレクトリコピー後の「i-FILTER」を設定同期対象とする場合は、事前に"revision.dat"を削除してください
関連コンテンツ
「i-FILTER」 設定同期で新規サーバーの追加や、一時的に同期解除したサーバ...
「i-FILTER」 設定同期環境で、管理画面から設定変更が出来ないサーバーが存...
「i-FILTER」 設定同期にて上位プロキシサーバー設定のみ異なる構成にするこ...
「i-FILTER」 設定同期環境で再起動の同期はどのようなタイミングで発生しま...
「i-FILTER」異なるバージョンやOS間での設定同期は可能ですか
 

感動しました
解決しました
参考になりました
もっと詳しく
わかりにくい
問い合わせます