i-FILTER Ver.10
i-FILTER Ver.9
i-FILTER Reporter
m-FILTER
D-SPA
D-SPA Manager
DigitalArts@Cloud
i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3/Ver4
FinalCode
m-FILTER MailAdviser
お知らせ
サポート終了製品

URLをクリップボードにコピーしました
FAQ_URL:https://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=2253
  FAQ_ID:2253
Business > i-FILTER Ver.10 > システム構成
Business > i-FILTER Ver.9 > システム構成
Business > サポート終了製品 > i-FILTER Ver.8.5 > システム構成
Business > サポート終了製品 > i-FILTER Ver.8.0 > システム構成
 
「i-FILTER」「プロトコル変換ルール(利用IPバージョン優先度設定)」は、どのような動作設定ですか
対応バージョン: i-FILTER Ver.8 Ver.9 Ver.10
対応OS: すべてのOS

「i-FILTER」は、上位通信においてIPv6ネットワークへの通信が可能です。
(OS側のネットワーク設定にてIPv4とIPv6のデュアルスタック構成が必要)

「プロトコル変換ルール」設定は、リクエストURLを名前解決後、
IPv4アドレスとIPv6アドレスどちらのプロトコルを利用するかを選択する
設定となります。選択可能な3つの設定は以下のように動作が異なります。


 ※画像は「Ver.9」管理画面ですが、「Ver.8」と同様の内容です


IPv4のみ ※初期設定

名前解決の結果、IPv4アドレスが返された場合のみ上位への通信を実施


IPv4を優先(IPv4/IPv6利用)

名前解決の結果、IPv4アドレスとIPv6アドレスが返された場合、
IPv4アドレスに対して、上位通信を実施
IPv6アドレスのみ返された場合、IPv6アドレスに対して上位通信を実施


■IPv6を優先(IPv4/IPv6利用)

名前解決の結果、IPv4アドレスとIPv6アドレスが返された場合、
IPv6アドレスに対して、上位通信を実施
IPv4アドレスのみ返された場合、IPv4アドレスに対して上位通信を実施
関連コンテンツ
「i-FILTER」 接続先がIPv6アドレスを持つ場合のみ、上位プロキシを使用...
「i-FILTER」 「IPv4/IPv6変換機能」では、IPv6クライアントか...
「i-FILTER」下位プロキシが存在する構成でブロック画面が表示されません
「i-FILTER」メール通知機能は"SMTP over SSL"に対応していま...
「i-FILTER」 SOCKSプロトコルの通信には対応していますか
 

感動しました
解決しました
参考になりました
もっと詳しく
わかりにくい
問い合わせます