i-FILTER Ver.10
i-FILTER Ver.9
i-FILTER Reporter
m-FILTER
D-SPA
D-SPA Manager
DigitalArts@Cloud
i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3/Ver4
FinalCode
m-FILTER MailAdviser
お知らせ
サポート終了製品

URLをクリップボードにコピーしました
FAQ_URL:https://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=2254
  FAQ_ID:2254
Business > i-FILTER Ver.10 > システム構成
Business > i-FILTER Ver.9 > システム構成
Business > サポート終了製品 > i-FILTER Ver.8.5 > システム構成
Business > サポート終了製品 > i-FILTER Ver.8.0 > システム構成
 
「i-FILTER」 接続先がIPv6アドレスを持つ場合のみ、上位プロキシを使用しない設定は可能ですか
対応バージョン: i-FILTER Ver.8 Ver.9 Ver.10
対応OS: すべてのOS

上位プロキシがIPv6に対応していない場合、以下の様に「i-FILTER」にてIPv6宛の
通信のみ除外
する設定が必要となります。


■設定例
==========================================================================
(1)システム機能設定(プロキシ機能設定)

 ▽設定箇所
 [システム設定 / システムパラメーター設定 / システム機能設定(プロキシ機能設定)]

 【上位プロキシサーバー経由時のDNS引き】: 有効
 【プロトコル変換ルール(ファミリー)】 : IPv6を優先

 ※反映にサービス再起動が必要な設定です


(2)ルールセットを作成

 ▽設定箇所
 [ルールパーツ / IPアドレスリスト]

 【ディレクション】: アクセス先(DST)
 ---------------------------------------------------------------
 [2001:0:0:0:0:0:0:0]-[2001:FFFF:FFFF:FFFF:FFFF:FFFF:FFFF:FFFF]
 ---------------------------------------------------------------
 ※「2001」から始まるIPv6アドレスは、グローバルアドレスを意味します。


(3)ルーティング設定

 ▽設定箇所
 [システム設定 / 上位プロキシサーバー / ルーティング設定]

 -----------------------------------------------
 ルールパーツ:IPアドレスリスト(アクセス先)
        ※「2)」で作成したパーツを選択
 利用設定  :除外
 -----------------------------------------------
==========================================================================


■上記設定による通信動作
----------------------------------------------
【IPv4サイト】  【IPv6サイト】
   ↑      ↑
【上位プロキシ】 ↑※直接通信
   ↑      ↑
 【「i-FILTER」サーバ】
      ↑
 【クライアント端末(IPv4)】
----------------------------------------------




 
関連コンテンツ
「i-FILTER」 設定同期環境で、管理画面から設定変更が出来ないサーバーが存...
「i-FILTER」上位プロキシサーバーを複数設定することは可能ですか
「i-FILTER」「プロトコル変換ルール(利用IPバージョン優先度設定)」は、...
「i-FILTER」 サーバーのIPアドレスやホスト名を変更する際に注意すること...
「i-FILTER」 「IPv4/IPv6変換機能」では、IPv6クライアントか...
 

感動しました
解決しました
参考になりました
もっと詳しく
わかりにくい
問い合わせます