i-FILTER Ver.10
i-FILTER Ver.9
i-FILTER Reporter
m-FILTER
D-SPA
D-SPA Manager
DigitalArts@Cloud
i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3/Ver4
FinalCode
m-FILTER MailAdviser
お知らせ
サポート終了製品

URLをクリップボードにコピーしました
FAQ_URL:http://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=2326
  FAQ_ID:2326
Business > m-FILTER > 構成
Business > m-FILTER > バージョンアップ
 
「m-FILTER」Ver.3.50系 Linux版にアップデートしましたが、サービスが正常に動作しません、なぜでしょうか。

対応バージョン: m-FILTER Ver.3.5以降
対応OS: Linux

「m-FILTER」Ver.3.50系では、追加機能である「m-FILTER Anti-Spam」の
【拡張システムフィルター】および【FinalCode Express】を
使用するため、以下のライブラリが必要となります。

-------------------
libstdc++.so.5
libuuid.so.1

-------------------

※上記ライブラリは、Linux のインストール方法によって、
 存在しない場合があるのでご注意ください。

※追加機能を使用しない場合もライブラリは必要です。

※弊社環境では、64bit OS で最小インストールを実施した場合に、
 存在しないことを確認しております。



ライブラリが存在しない場合は、mf_ewebまたは、mf_smtp_clientプロセスの
起動に失敗し、サービスが正常に動作しなくなるため、追加でインストールが
必要となります。


なお、上記ライブラリは、それぞれ「compat-libstdc++-33-3」および「libuuid-2.17」以降のパッケージに含まれます。

関連コンテンツ
「m-FILTER」サーバーリプレースに伴い「Ver.2」から「Ver.3」にア...
「m-FILTER」バージョンアップ作業を予定していますが、以前のバージョンにロ...
「m-FILTER」 設定同期環境でバージョンアップする場合に注意する点はありま...
同じサーバーを使用し、旧バージョンのインストールディレクトリを使用しない場合の「...
サーバーをリプレースし、旧バージョンのインストールディレクトリを使用しない場合の...
 

感動しました
解決しました
参考になりました
もっと詳しく
わかりにくい
問い合わせます