i-FILTER Ver.10
i-FILTER Ver.9
i-FILTER Reporter
m-FILTER
D-SPA
D-SPA Manager
DigitalArts@Cloud
i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3/Ver4
FinalCode
m-FILTER MailAdviser
お知らせ
サポート終了製品

URLをクリップボードにコピーしました
FAQ_URL:http://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=2374
  FAQ_ID:2374
Business > サポート終了製品 > i-FILTER Ver.7 > フィルタリング機能
 
「i-FILTER」Ver.7「SSL接続終端処理設定」(「SSLブロック画面」)が、ブラウザの種類やバージョンによって動作しないのですがどうすればいいでしょうか
対応バージョン:i-FILTER Ver.7.50R02~
対応OS:全てのOS


「i-FILTER」Ver.7 では、HTTPSページに対してブロック画面を表示するための
機能として「SSL接続終端処理設定」があります。
※ICAPサーバー版は、「SSLブロック画面」設定

・設定項目
[ 管理 > オプション > システムパラメーター ]「SSL接続終端処理設定」


同機能の使用対象ブラウザは、「User-Agent」によって定義されており、定義方法は
ご利用バージョンによって異なります。

***********************
■Ver.7.50R07以前
***********************


設定ファイル内に対象ブラウザ(User-Agent)を指定します。

 ・設定ファイル
 <インストールディレクトリ>/conf/if_proxy.def

 -------------------------------------------------------------------------------
 s<タブ>SECURITY_ENHANCED_USER_AGENT = compatible; MSIE 8.0;,Firefox/3
 -------------------------------------------------------------------------------

 [,](カンマ)区切りでブラウザの「User-Agent」を部分一致で記載しており、上記の場合は、
 以下が対象ブラウザとなります。
 
 「compatible; MSIE 8.0;」=「Internet Explorer 8」
 「Firefox/3」=「Firefox 3」


 対象ブラウザを追加する場合には、[,](カンマ)区切りの入力規則で追記/変更ください。

 [記述例]IE8、9、10、11 および Firefox、Chrome(*1) 全バージョン
 ----------------------------------------------------------------------------
 compatible; MSIE 8.0;,compatible; MSIE 9.0;,compatible; MSIE 10.0;,rv:11,Firefox/,Chrome/
 ----------------------------------------------------------------------------
 (*1)「SSL接続終端処理設定」は、「i-FILTER Ver.7.50R06」からChromeに対応
 しています


***********************
■Ver.7.50R08以降
***********************


設定ファイル内に対象ブラウザもしくは、対象除外ブラウザ(User-Agent)を指定します。
対象除外ブラウザを指定する場合には、下記設定を追加します。

 ・設定ファイル
 <インストールディレクトリ>/conf/if_proxy.def

 -------------------------------------------------------------------------------
 s<タブ>SECURITY_LOWER_USER_AGENT = compatible; MSIE6.0;, compatible; MSIE7.0;
 s<タブ>SECURITY_USER_AGENT = LOWER
 -------------------------------------------------------------------------------

 [,](カンマ)区切りでブラウザの「User-Agent」を部分一致で記載しており、上記の場合は、
 以下が対象除外ブラウザとなります。
 
 「compatible; MSIE 6.0;」=「Internet Explorer 6」
 「compatible; MSIE 7.0;」=「Internet Explorer 7」


「SECURITY_USER_AGENT」の値が"ENHANCED"もしくはパラメーターなし)の場合、
対象ブラウザを指定するパラメーター「SECURITY_ENHANCED_USER_AGENT」が
有効になります。


※ 設定ファイル変更内容の反映にはサービス再起動が必要です。
※ User-Agent文字列は、ブラウザ開発元が決定するため、バージョンアップにより上記表記と
   異なる場合があります。

関連コンテンツ
「i-FILTER」Ver.7 にてHTTPSサイトのブロック画面が表示できない...
「i-FILTER」Ver.8 「SSL接続終端処理設定」が、ブラウザの種類やバ...
「i-FILTER」Ver.7 にて “Internet Explorer 9”...
「i-FILTER」Ver.8 にてHTTPSサイトのブロック画面が表示できませ...
「i-FILTER」 SSL代理証明書発行機能の各種設定項目の概要を教えてくださ...
 

感動しました
解決しました
参考になりました
もっと詳しく
わかりにくい
問い合わせます