i-FILTER Ver.10
i-FILTER Ver.9
i-FILTER Reporter
m-FILTER
D-SPA
D-SPA Manager
DigitalArts@Cloud
i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3/Ver4
FinalCode
m-FILTER MailAdviser
お知らせ
サポート終了製品

URLをクリップボードにコピーしました
FAQ_URL:https://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=242
  FAQ_ID:242
Business > サポート終了製品 > i-FILTER Ver.7 > その他
 
「i-FILTER」Ver.7 を導入したのですが、しばらくはフィルタリングせず、ユーザーがアクセスしたアクセス先 URL とカテゴリだけを監視のみしたいのですがこのような場合、設定はどのようにするのが適切ですか
対応バージョン:i-FILTER Ver.7
対応OS:全てのOS

「i-FILTER Ver.7」でフィルタリング設定を無効にしても、アクセスログにアクセス先 URLや「カテゴリ」の「記録」を行うために、グループは必ずフィルターONで作成してください。
その後、「ブラックリストモード」を使用し「URLフィルター設定」の各カテゴリを全てOFFにすることで、フィルタリングはかからず、アクセス先URL、カテゴリが記録されます。

※グループをフィルターOFFで作成した場合、フィルタリングはされず、アクセス先URLは記録されますが、カテゴリは記録されません
関連コンテンツ
「i-FILTER」Ver.7 の「ブロック画面をオリジナルのデザイン」にしたい...
「i-FILTER」Ver.7 の「NTLM認証」環境にて、ワークグループ環境の...
「i-FILTER」Ver.7 の「POSTフィルター」機能を使い「掲示板」や「...
「i-FILTER」Ver.7 インストール後に作成される「i-FILTER P...
「i-FILTER」Ver.7 とウイルス対策製品が同居している場合に注意すべき...
 

感動しました
解決しました
参考になりました
もっと詳しく
わかりにくい
問い合わせます