i-FILTER Ver.10
i-FILTER Ver.9
i-FILTER Reporter
m-FILTER
D-SPA
D-SPA Manager
DigitalArts@Cloud
i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3/Ver4
FinalCode
m-FILTER MailAdviser
Labeling
お知らせ
サポート終了製品

URLをクリップボードにコピーしました
FAQ_URL:http://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=2500
  FAQ_ID:2500
Business > i-FILTER Ver.10 > システム構成
Business > i-FILTER Ver.9 > システム構成
Business > サポート終了製品 > i-FILTER Ver.8.5 > システム構成
Business > サポート終了製品 > i-FILTER Ver.8.0 > システム構成
 
「i-FILTER」 設定同期にて上位プロキシサーバー設定のみ異なる構成にすることはできますか
対応バージョン: i-FILTER Ver.8 Ver.9 Ver.10
対応OS: すべてのOS


「i-FILTER」 設定同期環境にて、同期対象を「同期可能な設定を全て同期」もしくは
「再起動が不要な設定のみ同期」とした場合、上位プロキシサーバー設定は同期されます。

以下の動作要件のように「i-FILTER」ごとに異なる上位プロキシサーバーに通信させる
場合には、本FAQページ記載の設定が必要です。


■動作要件

 ▽構成
 -------------------------------------------------
 「i-FILTER」(
1号機)IPアドレス: 192.168.1.1
 「i-FILTER」(
2号機)IPアドレス: 192.168.2.1
 -------------------------------------------------

 ● 「i-FILTER」(
1号機)は上位プロキシサーバー「192.168.10.1:8080」を使用
 ● 「i-FILTER」(
2号機)は上位プロキシサーバー「192.168.20.1:8080」を使用

【1】「i-FILTER」Ver.8.7、Ver.9.1、Ver.10以降のバージョンをご利用の場合
─────────────────────────────────

■設定手順

(1) IncomingIPを設定

 同期対象の各「i-FILTER」サーバーでローカルIPアドレスを明示的に設定します。

 ▽設定箇所
 [システム設定 / システムパラメーター設定 / システムIPアドレス設定]

 [システム / システムパラメーター/ IPアドレス設定] ※ Ver.10
 
  「1号機設定」
 

  「2号機設定」
 
 

  ※本設定は同期非対象です(「i-FILTER」サーバーごとに別々の設定が
   必要です)


(2) ローカルホストルールパーツを作成

 「1.」で設定したIPアドレスで「ローカルホスト」ルールパーツを作成(同期台数分作成)します。

 ▽設定箇所
 [ルールセット / ルールパーツ / IPアドレスリスト]

 ディレクション:ローカルホスト
 IPアドレス:「
1」で設定したIPアドレス

 

 

  ※本設定は同期対象です(マスターサーバー1台のみで設定してください)


(3) 上位プロキシサーバーを登録

 各「i-FILTER」サーバーが使用する上位プロキシサーバーを登録します。

 ▽設定箇所

 [システム設定 / 上位プロキシサーバー / サーバー設定]
 [システム / 上位プロキシサーバー / サーバー設定] ※Ver.10





  ※本設定は同期対象です(マスターサーバー1台のみで設定してください)


(4) 上位プロキシサーバー設定を有効化

 上位プロキシサーバー設定が無効な場合は有効にします。

 ▽設定箇所

 [システム設定 / 上位プロキシサーバー / 基本設定]
 [システム / 上位プロキシサーバー / 基本設定] ※Ver.10



  ※本設定は同期対象です(マスターサーバー1台のみで設定してください)


(5) 上位プロキシサーバーのルーティングを設定
 
 「ローカルホスト」ルールパーツを条件に使用する上位プロキシサーバーを設定します。

 ▽設定箇所

 [システム設定 / 上位プロキシサーバー / ルーティング設定]
 [システム / 上位プロキシサーバー / ルーティング設定] ※Ver.10



  ※本設定は同期対象です(マスターサーバー1台のみで設定してください)


【2】「i-FILTER」Ver.8.5、Ver.9.0以前のバージョンをご利用の場合
─────────────────────────────────

■設定手順

(1)「i-FILTER」サーバ上のhosts ファイルを開きます

 
【Linux】
 /etc/hosts

 【Windows】
 C:\Windows\System32\drivers\etc\hosts

(2)「i-FILTER」サーバと通信をするIPアドレスと任意のホスト名を紐付けた記述を追記します

 
【例】
 「i-FILTER」(1号機)のhostsファイル
 
192.168.10.1 proxy1

 「i-FILTER」(2号機)のhostsファイル
 
192.168.20.1 proxy1

 ※ IPアドレスとホスト名は、半角スペース(もしくはタブキー)で区切ります。
 ※ 設定反映にサーバーやサービス再起動は不要です。

(3)「i-FILTER」管理画面
[システム設定 / 上位プロキシサーバー / サーバー設定]にて、
   「手順2.」で登録したホスト名を設定します。



上記設定にて、同期環境においても「i-FILTER」
(1号機)「192.168.10.1:8080」
「i-FILTER」
(2号機)「192.168.20.1:8080」へ上位通信を実施します。

また、上位プロキシサーバーをバランシングする場合は、hostsファイルと
「i-FILTERをそれぞれ以下の様に設定してください。


■設定

 【hostsファイル】

 「i-FILTER」(1号機)
 192.168.10.1 proxy1
 192.168.10.2 proxy2
 
 「i-FILTER」(2号機)
 192.168.20.1 proxy1
 192.168.20.2 proxy2

 
【「i-FILTER」設定】

 [proxy1:8080]と[proxy2:8080]でバランシング構成

■動作

 「i-FILTER」(1号機)は「192.168.10.1:8080」と「192.168.10.2:8080」でバランシング
 「i-FILTER」(
2号機)は「192.168.20.1:8080」と「192.168.20.2:8080」でバランシング
 
 ※ 以下の様にhostsファイルを複数IPアドレスで設定した場合、DNSキャッシュにより
    正常にバランシングが行われないことが懸念されるため、IPアドレスとホスト名は
    1:1で設定いただくことを推奨します。
     ----------------------
    192.168.20.1 proxy1
    192.168.20.2 proxy1
     ----------------------

関連コンテンツ
「i-FILTER」 上位プロキシサーバーをホスト名で登録することは可能ですか。...
「i-FILTER」 システム動作(プロキシ動作設定)の「タイムアウト」と、"K...
「i-FILTER」 Windows Server 環境で特定Webサイト(Ya...
「i-FILTER」 設定同期で新規サーバーの追加や、一時的に同期解除したサーバ...
「i-FILTER」異なるバージョンやOS間での設定同期は可能ですか
 

感動しました
解決しました
参考になりました
もっと詳しく
わかりにくい
問い合わせます