i-FILTER Ver.10
i-FILTER Ver.9
i-FILTER Reporter
m-FILTER
D-SPA
D-SPA Manager
DigitalArts@Cloud
i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3/Ver4
FinalCode
m-FILTER MailAdviser
Labeling
お知らせ
サポート終了製品

URLをクリップボードにコピーしました
FAQ_URL:http://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=2531
  FAQ_ID:2531
Business > i-FILTER Ver.10 > フィルタールール
Business > i-FILTER Ver.9 > フィルタールール
Business > サポート終了製品 > i-FILTER Ver.8.5 > フィルタールール
 
「i-FILTER」 「レスポンスサイズ制限」に該当した場合、クライアント端末に不完全なファイルが保存されブロック画面が表示されません
対応バージョン: i-FILTER Ver.8.5~ Ver.9 Ver.10
対応OS: すべてのOS

*************************************************************************
本FAQページ記載の「詳細モード」を設定する場合には、管理者権限の変更が
必要となります。


▽「i-FILTER」 インストール後、[グループ設定]に「詳細モード」が表示されません
http://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/search_direct01Detail.asp?id=2398
*************************************************************************

i-FILTER 管理画面「レスポンスサイズ制限」では、実際の通信サイズを確認しています。

 ▽設定箇所
 [グループ設定 / 詳細モード]

クライアントに対しては制限に達するまでのデータは転送され、不完全なファイルが
作成されます。また、レスポンス送信後の動作となるためにブラウザにブロック画面を
表示させることができません。

この場合、Webサーバからのレスポンスヘッダ「Content-Length」で
フィルタリングルールを作成することで改善が可能です。

■設定手順
--------------------------------------------------------------------
 ※画像は「Ver.8」管理画面ですが、設定手順は「Ver.9」「Ver.10」も同様です

「Content-Length」の桁数でファイルサイズを指定してフィルタリング設定

(1)ルールパーツを作成

 ▽設定箇所
 [ルールセット / ルールパーツ / ヘッダー詳細制御セット]

 *********************************
 ヘッダーのタイプ:レスポンス
 ヘッダー名        :Content-Length
 ヘッダー値        :[0-9]{9,15}
 検索タイプ        :正規表現
 *********************************


 
 ※ ヘッダー値は任意に変更してください。上記例では、Content-Length に
   9桁~15桁【100000000(約95M)Byte ~ 999999999999999(909T)Byte】の数字が
   ある場合を指定した正規表現です

  ▽桁数<->サイズ早見表
  ----------------------------------------
  1000000Byte(7桁) → 約0.9MB
  10000000Byte(8桁) → 約9MB
  100000000Byte(9桁) → 約95MB
  1000000000Byte(10桁) → 約953MB
  10000000000Byte(11桁) → 約9GB
  100000000000Byte(12桁) → 約93GB
  1000000000000Byte(13桁) → 約931GB
  ----------------------------------------

(2)保存をクリック

(3)ルール行を追加

 ▽設定箇所
 [グループ設定 / 詳細モード]「ルール(タブ)」

 *****************************************************************
 タイプ           :フィルタリング
 ルールパーツ:ヘッダー詳細制御セット(レスポンスのヘッダー・正規表現)
             「1)」で作成したパーツを選択
 アクション     :ブロック
 *****************************************************************



(4)保存をクリック

--------------------------------------------------------------------
上記設定はレスポンスヘッダに「Content-Length」がある場合のみ動作します。
レスポンスヘッダが存在しない通信を想定して、既存の「レスポンスサイズ制限」に
よるルール行も併用いただくことを推奨します。
関連コンテンツ
「i-FILTER」 正規表現にて「指定した範囲の1文字以外に一致」という記述は...
「i-FILTER」Windows XP からのWebアクセスを制限する方法はあ...
「i-FILTER」 複数のルールパーツ(詳細プリセット)をAND条件で組み合わ...
「i-FILTER」 POSTフィルターの制限バイト数は何を元に判定していますか
「i-FILTER」 ストリーミング動画を閲覧する際の注意点を教えてください
 

感動しました
解決しました
参考になりました
もっと詳しく
わかりにくい
問い合わせます