i-FILTER Ver.10
i-FILTER Ver.9
i-FILTER Reporter
m-FILTER
D-SPA
D-SPA Manager
DigitalArts@Cloud
i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3/Ver4
FinalCode
m-FILTER MailAdviser
Labeling
お知らせ
サポート終了製品

URLをクリップボードにコピーしました
FAQ_URL:https://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=2576
  FAQ_ID:2576
Business > i-FILTER Ver.10 > フィルタールール
Business > i-FILTER Ver.9 > フィルタールール
Business > サポート終了製品 > i-FILTER Ver.8.5 > フィルタールール
 
「i-FILTER」 複数のルールパーツ(詳細プリセット)をAND条件で組み合わせたルールが動作しません
対応バージョン: i-FILTER Ver.8.5~ Ver.9 Ver.10
対応OS: すべてのOS

「i-FILTER」は、HTTP通信の下記4点を契機としてフィルタリングを実施しますが、
「リクエストヘッダー」と「レスポンスヘッダー」の組み合わせ等、
異なる契機の組み合わせをAND条件で設定しても正常に動作しません。

【1】「リクエストヘッダー」

  
[例]URL、HTTPメソッド、User-Agent

【2】「リクエストボディ」

  
[例]書き込み内容、メール内容

【3】「レスポンスヘッダー」

  [例]レスポンスコード、Content-Type

【4】「レスポンスボディ」

  [例]HTML文書、PICS

「詳細プリセット」をAND条件で組み合わせる場合は、「URL」と「HTTPメソッド」等、
同じフィルタリング契機での組み合わせを設定する必要があります。

 ▼フィルタリング契機と「詳細プリセット」の対応表
 
 ※「Webサービスリスト」はVer.9からの機能です

■組み合わせ例
【OK】
「URLカテゴリセット」AND「HTTPのメソッド」
(リクエストヘッダー同士)

【OK】
「HTTPのリターンコード」AND「ヘッダーのタイプ:レスポンス」
(レスポンスヘッダー同士)

【NG】
「URLリスト」AND「コンテンツ単語」
(リクエストヘッダーとレスポンスボディの組み合わせ)

【NG】
「レスポンスのMIMEタイプ」AND「PICSフィルターセット」
(レスポンスヘッダーとレスポンスボディの組み合わせ)
関連コンテンツ
「i-FILTER」 「レスポンスサイズ制限」に該当した場合、クライアント端末に...
「i-FILTER」Windows XP からのWebアクセスを制限する方法はあ...
「i-FILTER」 正規表現にて「指定した範囲の1文字以外に一致」という記述は...
「i-FILTER」 ストリーミング動画を閲覧する際の注意点を教えてください
「i-FILTER」 POSTフィルターの制限バイト数は何を元に判定していますか
 

感動しました
解決しました
参考になりました
もっと詳しく
わかりにくい
問い合わせます