i-FILTER Ver.10
i-FILTER Ver.9
i-FILTER Reporter
m-FILTER
D-SPA
D-SPA Manager
DigitalArts@Cloud
i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3/Ver4
FinalCode
m-FILTER MailAdviser
お知らせ
サポート終了製品

URLをクリップボードにコピーしました
FAQ_URL:https://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=268
  FAQ_ID:268
Business > サポート終了製品 > i-FILTER Ver.7 > フィルタリング機能
 
「i-FILTER」Ver.7 の「共通・個別リスト」にある、ブラックリスト(カテゴリ1、2、3)と、優先カテゴリの違いは何ですか

対応バージョン:i-FILTER Ver.7
対応OS:全てのOS

通常のブラックリスト(カテゴリ1、2、3)より、優先ブラックリストへ追加されたURLが優先度が高いものとなります。

■フィルタリング優先順位

例1)ブラックリスト(カテゴリ1、2、3)と、ブラック除外リストに同URLが登録されていた場合の挙動
⇒ブラック除外リストに登録されたURLが優先度が高いため結果閲覧が出来るようになります。

例2)優先ブラックリストとブラック除外リストに同URLが登録されていた場合の挙動
⇒この場合、優先ブラックリストの方が優先度が高いため、結果閲覧が出来なくなります。

優先順位の詳細については、「運用マニュアル」の「1-3 フィルタリング優先順位」を参照してください。

運用マニュアルはサポート情報サイトへ公開されております。
■サポート情報サイト
http://download.daj.co.jp/user/
閲覧するには、ユーザーID[ シリアル番号 ]とパスワード[ お客様メールアドレス ]が必要となります。

関連コンテンツ
「i-FILTER」Ver.7 の各グループを“ブラックリストモード”で運用して...
「i-FILTER」Ver.7 で、“ブラック除外リスト”に登録したはずの WE...
「i-FILTER」Ver.7 複数のフィルタリング条件に合致した場合の優先順位...
「i-FILTER」Ver.7 にて「特定サイトを閲覧許可」するため、「ブラック...
「i-FILTER」Ver.7 YouTubeサイトの特定動画のみを閲覧許可する...
 

感動しました
解決しました
参考になりました
もっと詳しく
わかりにくい
問い合わせます