i-FILTER Ver.10
i-FILTER Ver.9
i-FILTER Reporter
m-FILTER
D-SPA
D-SPA Manager
DigitalArts@Cloud
i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3/Ver4
FinalCode
m-FILTER MailAdviser
お知らせ
サポート終了製品

URLをクリップボードにコピーしました
FAQ_URL:http://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=2680
  FAQ_ID:2680
Business > m-FILTER > メール配送(SMTP)
Business > m-FILTER > メールアーカイブ
Business > m-FILTER > メールフィルタリング
Business > m-FILTER > 構成
 
「m-FILTER」 エンベロープとメールヘッダの違いと「m-FILTER」への影響について

対応バージョン: m-FILTER Ver.2 Ver.3 Ver.4 Ver.5
対応OS: すべてのOS

メールメッセージは、メールヘッダ(宛先・差出人情報等)と
メールボディ(本文、添付ファイル)によって構成されていますが、
これらの情報はSMTP通信上では使用されていません。

SMTP通信では、メールクライアントがメール送信時に付与する
エンベロープ情報のみで宛先・差出人を判断します。

【SMTP通信で配送されるメールデータ構成例】
--------------------------------------------------------------
エンベロープ
 MAIL FROM: user01@test.com
 RCPT TO: user01@example.co.jp
 RCPT TO: user02@example.co.jp
--------------------------------------------------------------
メールメッセージ
 ├ メールヘッダ
 │  From: user01@test.com
 │  To: user01@example.co.jp
 │  Cc: user02@example.co.jp
 │
 └ メールボディ
    ※本文、添付ファイル
--------------------------------------------------------------

【エンベロープ】
SMTP通信で使用される宛先・差出人情報を指します。

エンベロープは配送経路でMTAによって削除されメールボックス到達時には
存在しない状態となるため、「m-FILTER」のPOP通信でエンベロープ情報を
条件としたルール作成やPOP通信によるアーカイブでエンベロープ情報を
記録することはできません。

【メールヘッダ】
SMTP通信では使用されないメールデータ内に記述されたメッセージ情報を
指します。

宛先・差出人以外にも件名やメーラー、日付等の様々な情報が
記述されています。

エンベロープとメールヘッダの宛先・差出人情報は、一致しない場合があるため、
「m-FILTER」をご利用する上で注意が必要です。

==============================================================
■例1. 送信者がBCCを使用■

■例2. SMTP配送経路でMTAが宛先毎にメールを分割■

■例3. 配送不達通知(NDR)等のDSNメール■
==============================================================


■例1. 送信者がBCCを使用
**************************************************************
※メーラーの宛先設定
To: user01@example.co.jp
Cc: user02@example.co.jp
Bcc: user03@example.co.jp
**************************************************************

メーラーで上記宛先を設定した場合、「m-FILTER」に配送される際には、
以下の状態となります。

---------------------------------------------------------
エンベロープ
 RCPT TO: user01@example.co.jp
 RCPT TO: user02@example.co.jp
 RCPT TO: user03@example.co.jp

メールヘッダ
 To: user01@example.co.jp
 Cc: user02@example.co.jp

 ※「Bcc」ヘッダを付与するメールクライアントも存在します
---------------------------------------------------------

上記の様にメールヘッダにメールアドレスが記載されていなくても
エンベロープ情報があれば、SMTP上は問題なく配送されます。

また、「m-FILTER」では上記の様にメールヘッダーの「To」「Cc」に
存在しないメールアドレス(上記user03@example.co.jp)をBCCとして認識します。


■例2. SMTP配送経路でMTAが宛先毎にメールを分割■
**************************************************************
※メーラーの宛先設定
To: user01@test.com
Cc: user99@example.co.jp
**************************************************************

**************************************************************
※配送経路
「クライアント(メールソフト)」
 ↓
 ↓【*1】
 ↓
「前段MTA」
 ↓
 ↓【*2】
 ↓
「m-FILTER」
 ↓
**************************************************************

上記宛先設定と配送経路の場合、「m-FILTER」に配送される前にメールが
分割される場合があります。

 ※メール分割動作はMTAの仕様に依存しますが、複数宛先の中に異なる
   ドメインが存在する場合に分割されるケースが多く報告されています。

 【*1】のメッセージ情報
 --------------------------------------------------------------
 エンベロープ
  RCPT TO: user01@test.com
  RCPT TO: user99@example.co.jp
 
 メールヘッダ
  To: user01@test.com
  Cc: user99@example.co.jp
 --------------------------------------------------------------

 【*2】のメッセージ情報
 「前段MTA」が宛先(エンベロープ)ごとにメッセージを分割して送信

  「メッセージ1」
  --------------------------------------------------------------
  エンベロープ
   RCPT TO: user01@test.com
  
  メールヘッダ
   To: user01@test.com
   Cc: user99@example.co.jp
  --------------------------------------------------------------
 
  「メッセージ2」
  --------------------------------------------------------------
  エンベロープ
  RCPT TO: user99@example.co.jp
 
  メールヘッダ
  To: user01@test.com
  Cc: user99@example.co.jp
  --------------------------------------------------------------

「m-FILTER」にて"エンベロープToが2つ以上""エンベロープに○○を含む"
等のルール設定をしている場合、前段MTAのメール分割動作によって
意図したルール判定にならないことがあります。 

この様な場合には、メールヘッダ情報でルールを作成するなどの対処が必要です。


■例3. 配送不達通知(NDR)等のDSNメール■

.一般的に宛先ユーザーが存在しない場合に差出人に送信される不達通知には、
エンベロープFromがありません。(RFCにて定義)

※差出人「user01@test.com」が誤った宛先に送信した場合の不達通知
--------------------------------------------------------------
エンベロープ
 From:
 RCPT TO: user01@test.com

メールヘッダ
 From:
 To: user01@test.com
 Subject: MAILER-DAEMON
--------------------------------------------------------------

これは、不達通知にエンベロープFromが存在することで不達通知のループが
発生することを防ぐためとなります。
関連コンテンツ
「m-FILTER」『このメールは「m-FILTER」が自動的に生成して送信して...
「m-FILTER」通知メールの差出人アドレス(エンベロープ「MAIL FROM...
「m-FILTER」エラーメッセージ「5.5.4 Unsupported opt...
「m-FILTER」「541 Relay prohibition」のエラーが返さ...
「m-FILTER」「Cc:のメールアドレスを利用したルール」を作成した場合、ル...
 

感動しました
解決しました
参考になりました
もっと詳しく
わかりにくい
問い合わせます