i-FILTER Ver.10
i-FILTER Ver.9
i-FILTER Reporter
m-FILTER
D-SPA
D-SPA Manager
DigitalArts@Cloud
i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3/Ver4
FinalCode
m-FILTER MailAdviser
お知らせ
サポート終了製品

URLをクリップボードにコピーしました
FAQ_URL:https://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=2686
  FAQ_ID:2686
Business > m-FILTER > メール配送(SMTP)
 
「m-FILTER」『このメールは「m-FILTER」が自動的に生成して送信しています。』という内容の通知が送信されメール配送に失敗することがありますがなぜですか
対応バージョン: m-FILTER Ver.2 Ver.3 Ver.4 Ver.5
対応OS: すべてのOS

下記メールは、「m-FILTER」が作成している配送不能通知(NDR)です。


 
<<メールヘッダ>>
From: N/A
To: <差出人メールアドレス>
Subject: failure notice
<<メール本文>>
このメールは「m-FILTER」が自動的に生成して送信しています。
メールサーバーとの通信中、下記の理由により
このメールは送信できませんでした。

以下のメールアドレスへの送信に失敗しました。
<宛先メールアドレス>

-------server message
<ステータスコード(3桁)> <エラーメッセージ>

-------SMTP command
<「m-FILTER」が最後に送信したSMTPコマンド>

-------original mail info
 



このメールは、下記配送経路において(2)のSMTP通信にて配送先メールサーバーから
エラーステータスをレスポンスされたために作成されています。

【メーラー(もしくは前段メールサーバー)】
   ↓
   ↓(1)
   ↓
【「m-FILTER」サーバー】
   ↓
   ↓(2)
   ↓
【配送先メールサーバー】


そのため、エラー理由については「m-FILTER」ではなくエラーレスポンスを送信した
配送先メールサーバー側で確認する必要があります。
(「m-FILTER」が送信した
コマンドに問題がある場合も、まずは配送先メールサーバーのログや設定、仕様から
エラーを返した理由をご確認ください)


「m-FILTER」からのSMTP通信がエラーステータスのレスポンスとなった事例を
以下に記載します。

※同一の原因であってもメールサーバーの仕様によってステータスコードや
 エラーメッセージの内容が異なる場合があります。

========================
ステータスコード「501
========================

▼エラーメッセージ
5.5.4 Invalid Address
5.1.3 Bad recipient address syntax

▼原因
メールアドレスの記述が一部プロバイダにて拒否されるため。

 ◇拒否されるケースがある文字列
 「!」「#」「$」「%」「&」「'」「*」「+」「-」「/」
 「=」「?」「^」「`」「{」「}」「|」「~」「_」
 
 ◇拒否されるケースがある「.」(ドット)表記を使用している。
 「.」の連続使用や「@」の直前に使用

▼対応方法
以下のいずれかを実施ください。

・メールアドレスを正しく入力
・メールアドレスを変更
・配送先メールサーバーで許可設定を実施


========================
ステータスコード「502
========================

▼エラーメッセージ
COMMAND NOT IMPLEMENTED

▼原因
許可されないSMTPコマンドを使用しているため。

▼対応方法
配送先メールサーバーでどのコマンドが許可されていないかを
確認してください。


========================
ステータスコード「535
========================

▼エラーメッセージ
authorization failed (#5.7.0)

▼原因
SMTP認証情報が誤っているため。

▼対応方法
メーラーで正しいSMTP認証情報を設定してください。


========================
ステータスコード「550
========================

▼エラーメッセージ
Hop count over hop = ** (しきい値の数字)

▼原因
配送先メールサーバーがしきい値を超える「Received」ヘッダーを検出したため。

▼対応方法
「Received」ヘッダーに同一のホスト情報が複数ある場合は
メールループの可能性があります。同ヘッダー情報等から経路上の問題を特定ください


========================
ステータスコード「550
========================

▼エラーメッセージ
5.7.1 Access denied default
5.7.1 Relaying denied. IP name lookup failed

▼原因
・配送先メールサーバーに拒否ドメインとして制限設定されているため。
・配送先メールサーバーがIPアドレスを逆引きした結果、
 送信元ドメインと異なる結果が返ったため。

▼対応方法
配送先メールサーバーで許可設定を実施してください。
外部メールサーバーの場合は、管理者にお問い合わせください。


========================
ステータスコード「551
========================

▼エラーメッセージ
Access denied

▼原因

指定された宛先のユーザが存在しないため。

▼対応方法

ユーザアカウント(「@」前の部分)が存在しているか
現在アカウントが有効かを確認してください。


========================
ステータスコード「552
========================

▼エラーメッセージ
Error: message too large
sorry, that message size exceeds my databytes limit (#5.3.4)

▼原因
配送先メールサーバーのサイズ制限を超えるメールを配送したため。

▼対応方法
メールサイズを変更して再送信してください

※「m-FILTER」は登録されているメールサーバーのサイズ制限を記憶します。
 詳細は【FAQ.2687】を参照ください。


========================
ステータスコード「553
========================

▼エラーメッセージ

Invalid address syntax

▼原因
メールアドレスの記述が一部プロバイダにて拒否されるため。

◇拒否されるケースがある文字列
「!」「#」「$」「%」「&」「'」「*」「+」「-」「/」
「=」「?」「^」「`」「{」「}」「|」「~」「_」

◇拒否されるケースがある「.」(ドット)使用の表記
「.」の連続使用や「@」の直前に使用

▼対応方法
以下のいずれかを実施ください。

・メールアドレスを正しく入力
・メールアドレスを変更
・配送先メールサーバーで許可設定を実施


========================
ステータスコード「554
========================

▼エラーメッセージ
<宛先アドレス>: Recipient address rejected: Access denied

▼原因
配送先メールサーバーが宛先アドレスを拒否しているため。

▼対応方法
配送先メールサーバーで許可設定を実施してください。
外部メールサーバーの場合は、管理者にお問い合わせください。


========================
ステータスコード「555
========================

▼エラーメッセージ
5.5.4 Unsupported option: AUTH=<>

▼原因
配送先メールサーバーがAUTHパラメータに対応してないため。

▼対応方法
FAQ.2688】を参照ください。



本FAQ内容や、配送先メールサーバーへの確認にて問題が解決しない場合には、
FAQ.1302】記載の情報を取得の上、サポートセンターまでお問い合わせください。


 

 

関連コンテンツ
「m-FILTER」 エンベロープとメールヘッダの違いと「m-FILTER」への...
「m-FILTER」エラーメッセージ「5.5.4 Unsupported opt...
「m-FILTER」「541 Relay prohibition」のエラーが返さ...
「m-FILTER」「552 Channel size limit exceed...
「m-FILTER」SMTP送信した場合のメールサイズ制限はありますか
 

感動しました
解決しました
参考になりました
もっと詳しく
わかりにくい
問い合わせます