i-FILTER@Cloud
i-FILTER@Cloud GIGAスクール版
m-FILTER@Cloud
Desk@Cloud
i-FILTER Ver.9/Ver.10/Reporter
i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3/Ver4
m-FILTER
D-SPA
FinalCode
m-FILTER MailAdviser
お知らせ

URLをクリップボードにコピーしました
FAQ_URL:https://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=2694
  FAQ_ID:2694
Business > i-FILTER Ver.9/Ver.10/Reporter > SSL Adapter
 
「i-FILTER」 証明書ファイル設定の『ルート証明書ファイル』とはどのようなファイルで、その入手方法を教えてください
対応バージョン:i-FILTER Ver.9 ~Ver.10.20R02
対応OS:すべてのOS

※本FAQページは
「i-FILTER」Ver.9 ~Ver.10.20R02をご利用のお客様向けの内容となっております。
 「i-FILTER」Ver.10.30R01以降のバージョンをご利用の場合は、ルート証明書を自動更新する機能が
 追加されております。

 ▽参考FAQ

 「i-FILTER」HTTPSサイトのサーバー証明書確認に使用する「ルート証明書」はどのように設定しますか
 
https://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=4268


■「ルート証明書ファイル」について

「ルート証明書ファイル」は、「サーバー証明書確認」を有効にしている場合に
Webサーバーが発行する証明書を検証するためのファイルです。

管理画面内[オプション / SSL Adapter / 証明書インポート]から設定できます。

「i-FILTER」を経由しない場合や、SSLデコード機能が無効な場合は、Webサーバーが
発行する証明書の検証には、Webブラウザーにインポートされたルート証明書ファイルを使用します。

SSLデコード機能が有効な場合、Webサーバーが発行する証明書はクライアントではなく
「i-FILTER」に送信されるため、これを検証するために、「ルート証明書ファイル」のインポートと
利用設定(サーバー証明書確認設定)が必要です。



【図:[オプション / SSL Adapter / 証明書インポート]画面】
 
 
【図:[オプション / SSL Adapter / 基本設定]画面】



■「ルート証明書ファイル」によるエラー警告

 「サーバー証明書確認」が有効時に、インポートされた「ルート証明書ファイル」で認証に
 失敗した場合は、「i-FILTER」からWebブラウザーに警告画面が返されます。




■「ルート証明書ファイル」の入手

デフォルトでは、以下のディレクトリに同梱されています。
<「i-FILTER」インストールディレクトリ>/conf/ssl/default_root_ca.crt

デフォルトでインポートはされていますが、利用設定(サーバー証明書確認設定)は無効です。

 ※デフォルトで同梱されているルート証明書が、自動で更新されることはありません。
  弊社で更新した最新のルート証明書ファイルは、下記からダウンロード可能です。
  
https://download.daj.co.jp/user/ifilter/V9/#rtca

  https://download.daj.co.jp/user/ifilter/V10/#rtca

関連コンテンツ
「i-FILTER」『SSL Adapter』を使用する際に必要な『サーバー証明...
「i-FILTER」SSL代理証明発行機能で使用する証明書ファイルをActive...
「i-FILTER」証明書をインポートしてもFirefoxブラウザでは警告画面が...
「i-FILTER」『SSL Adapter』利用環境では上位プロキシに対してS...
「i-FILTER」デコードしていないドメインで、『特定のURL』のみデコード対...
この情報は役に立ちましたか?(選択すると、コメント送信欄が表示されます)

役に立った
役に立たなかった