i-FILTER Ver.10
i-FILTER Ver.9
i-FILTER Reporter
m-FILTER
D-SPA
D-SPA Manager
DigitalArts@Cloud
i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3/Ver4
FinalCode
m-FILTER MailAdviser
お知らせ
サポート終了製品

URLをクリップボードにコピーしました
FAQ_URL:https://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=2696
  FAQ_ID:2696
Business > m-FILTER > メールアーカイブ
Business > m-FILTER > 管理画面
 
「m-FILTER」保存メール一覧にて「m-FILTER メールID」で検索をしましたが結果が表示されない場合、どのように検索を実行すればいいですか
対応バージョン: m-FILTER Ver.2 Ver.3 Ver.4 Ver.5
対応OS: すべてのOS

「m-FILTERメールID」は、以下の情報で構成されており、[保存メール一覧]では完全一致で記述する必要があります。

■m-FILTERメールID
-------------------------------------------------------
<メール固有のID>_<サーバー固有情報>

例:([保存メール一覧]への記述例)
151_bpSwwC2lZ35dS3wfgLGKEQ==

「メール固有のID」 → 「151」
「サーバー固有情報」 → 「rYwAOQn6vhfbYImwKXGhyQ==」

※間に「_」アンダースコアが入ります
-------------------------------------------------------

アクセスログやシステムログで確認した「メール固有のID」情報をもとに
検索する場合は、「_<サーバー固有情報>」を追加してください。

<サーバー固有情報>は、m-FILTERサーバー固有の情報となり通信ログから確認できます。

・通信ログパス(デフォルト)
<インストールディレクトリ>logs/mail/*mail.log

・設定箇所
[オプション > ログ > 通信ログ]

カンマ区切りで「4カラム」目に「m-FILTER メールID」が出力されており、「_」の次の文字列から「==」までが<サーバー固有情報>となります。

・mail.log


※ <サーバー固有情報>は「m-FILTER」ごとに自動的に生成され原則変更されることはありません

関連コンテンツ
「m-FILTER」保存メール検索で検索条件に入力した文字列と異なる結果が表示さ...
「m-FILTER」 管理画面から保存メールを検索しましたが、条件に合致するメー...
「m-FILTER」 メールアーカイブデータを他の「m-FILTER」に移行・統...
「m-FILTER」 保存・保留メールバックアップ先に出力される「0」フォルダの...
「m-FILTER」「送信エラーメール」や「m-FILTER」からの「通知メール...
 

感動しました
解決しました
参考になりました
もっと詳しく
わかりにくい
問い合わせます