i-FILTER Ver.10
i-FILTER Ver.9
i-FILTER Reporter
m-FILTER
D-SPA
D-SPA Manager
DigitalArts@Cloud
i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3/Ver4
FinalCode
m-FILTER MailAdviser
お知らせ
サポート終了製品

URLをクリップボードにコピーしました
FAQ_URL:https://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=2722
  FAQ_ID:2722
Business > D-SPA > ネットワーク
 
「D-SPA」DNSキャッシュ設定の「成功時タイムアウト」や「失敗時タイムアウト」とはどのような設定でしょうか
対応バージョン:すべてのバージョン

▽設定箇所
【Ver.3以上】
[システム / システムパラメーター / 機能設定](Ver.4)
[システム設定 / システムパラメーター設定 / システム機能設定](Ver.3)
└「プロキシ機能パラメーター > DNS キャッシュ」



【Ver.2以前】
[ プロキシ設定 / システムパラメーター設定 / プロキシ機能設定 ]
 └「プロキシ機能パラメーター > DNS キャッシュ」

DNSキャッシュ

▼成功時タイムアウト
名前解決に成功した際のキャッシュ保持時間


▼失敗時タイムアウト
ドメイン名が存在しない場合など名前解決に失敗した際の
キャッシュ(ネガティブキャッシュ)保持時間


キャッシュ保持時間は、成功時・失敗時いずれもDNS 応答の「TTL」値は
無視され、「D-SPA」の上記設定によって決定されます。
関連コンテンツ
「i-FILTER」 DNSキャッシュ設定の「成功時タイムアウト」や「失敗時タイ...
「i-FILTER」 アクセスが多い時間帯にインターネット接続への遅延やタイムア...
「D-SPA」[ プロキシ設定 / システムパラメーター設定 / プロキシ動作設...
「D-SPA」"HTTP/1.1" に対応していますか。
「D-SPA」「LDAP認証設定」の“Cache Time to Live”に設...
 

感動しました
解決しました
参考になりました
もっと詳しく
わかりにくい
問い合わせます