i-FILTER Ver.10
i-FILTER Ver.9
i-FILTER Reporter
m-FILTER
D-SPA
D-SPA Manager
DigitalArts@Cloud
i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3/Ver4
FinalCode
m-FILTER MailAdviser
Labeling
お知らせ
サポート終了製品

URLをクリップボードにコピーしました
FAQ_URL:https://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=2728
  FAQ_ID:2728
Business > D-SPA > プロキシ認証
 
「D-SPA」「NTLM認証」「LDAP認証」環境で「認証ポップアップ」が表示され、キャンセルしてもWeb閲覧は問題なく継続できる現象が発生します
対応バージョン: Ver.1、Ver.2

RSSリーダーやデスクトップツール等、「Internet Explorer以外のソフトウェア」が
HTTPプロキシを利用したインターネットアクセスを試みている可能性があります。

認証ポップアップ画面に、ドメインアカウント情報を入力するか、
ユーザー認証除外設定」へ登録することで、該当通信のアクセスが可能となります。


▽[ プロキシ設定 / ユーザー認証 / 除外設定 ]
  └ 「ユーザー認証除外設定」



除外ホスト名登録例
 → www.daj.co.jp
関連コンテンツ
「i-FILTER」 LDAP認証を使用していますが、ブラウザを開くたびにパスワ...
「D-SPA」のプロキシ認証としてNTLM(LDAP)認証を使用していますが、社...
「D-SPA」 「NTLM認証」を使用している環境で、認証サーバとなるドメインコ...
「i-FILTER」プロキシ認証環境でWebブラウザが起動していないときに「認証...
「i-FILTER」下位プロキシとして構成している場合、上位プロキシに認証ユーザ...
 

感動しました
解決しました
参考になりました
もっと詳しく
わかりにくい
問い合わせます