i-FILTER Ver.10
i-FILTER Ver.9
i-FILTER Reporter
m-FILTER
D-SPA
D-SPA Manager
DigitalArts@Cloud
i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3/Ver4
FinalCode
m-FILTER MailAdviser
Labeling
お知らせ
サポート終了製品

URLをクリップボードにコピーしました
FAQ_URL:http://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=2735
  FAQ_ID:2735
Business > m-FILTER > メール配送(SMTP)
 
「m-FILTER」 SMTP拡張機能(EHLOコマンド)による通信を拒否することはできますか
対応バージョン: m-FILTER Ver.2 Ver.3 Ver.4
対応OS: すべてのOS

「m-FILTER」で[EHLO](ESTMTP)によるリクエストを拒否し、[HELO](SMTP)のみ
許可する場合は下記手順を実施してください。

■設定手順
====================================================================
(1)「m-FILTER」サービスを停止

(2) 設定ファイルを編集

 ・対象ファイル
 <インストールディレクトリ/conf/mf_smtp.def>

 ・編集内容
 下記パラメーターを追記

 ------------------------------
 EXTENDED_SMTP_OFF_MODE = ON
 ------------------------------
※ファイル末尾に追記する場合は、パラメーター値の後に<<改行>>を
  入力してください。

(3)「m-FILTER」サービスを開始
====================================================================

上記設定後、[EHLO]でリクエストされた場合「m-FILTER」は
「550 Requested action not taken」レスポンスを返します。また、後段MTAに対しては
[HELO]でリクエストを実施します。

[EHLO]をm-FILTERで拒否する設定が必要なケースとして、後段MTAが
[EHLO]固有のコマンド([AUTH]や[SIZE])や[EHLO]自体に対応していない場合が
挙げられ、設定変更によって[HELO]にて正常に送信されるようになります。


■注意点
「m-FILTER」の前後に[EHLO]による送受信しか行えないMTAやMUAが
存在する場合、本来送信しなくてはならないメールも送信できなくなる可能性が
あります。

運用の際には事前検証を行い、MTAやMUAの新規導入やバージョンアップの
際にはご注意ください。
関連コンテンツ
「m-FILTER」「メールアドレス単位」で「送信メールサーバー」を変更すること...
「m-FILTER」「421 Service not available」のエラ...
「m-FILTER」「570 authentication is necessa...
「m-FILTER」「510 form of unjust e-mail add...
「m-FILTER」一部の外部送信者から 「540 Connected refu...
 

感動しました
解決しました
参考になりました
もっと詳しく
わかりにくい
問い合わせます