i-FILTER Ver.10
i-FILTER Ver.9
i-FILTER Reporter
m-FILTER
D-SPA
D-SPA Manager
DigitalArts@Cloud
i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3/Ver4
FinalCode
m-FILTER MailAdviser
お知らせ
サポート終了製品

URLをクリップボードにコピーしました
FAQ_URL:http://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=2737
  FAQ_ID:2737
Business > i-FILTER Ver.10 > フィルタールール
Business > i-FILTER Ver.9 > フィルタールール
Business > サポート終了製品 > i-FILTER Ver.8.5 > フィルタールール
Business > サポート終了製品 > i-FILTER Ver.8.0 > フィルタールール
 
「i-FILTER」 Webサイト閲覧のためにブラック除外リストへ登録しましたが、ページレイアウトが崩れたり、Webサイトが応答しません
対応バージョン: i-FILTER Ver.8 Ver.9 Ver.10
対応OS: すべてのOS


Webサイトの構成によっては、ひとつのドメインのみを部分一致で
ブラック除外リストに登録しても全体を表示させることができない場合があります。
また、同様にWebサイトが応答せずにブラウザが停止するといった事例もございます。

例えば、ブロック対象のURLが以下の様な構成であった場合、「www.example.com」を
ブラック除外リストに登録しても閲覧可能になるコンテンツはHTMLのみとなります。

▽HTMLコンテンツ
http://www.example.com/index.html
→ブロック対象除外

▽CSSコンテンツ
http://css.example.com/01.css
http://css.example.com/02.css
→ブロック対象

▽画像コンテンツ
http://img.example.com/01.gif
http://img.example.com/02.gif
http://img.example.com/03.gif
http://img.example.com/04.gif
http://img.example.com/05.gif
→ブロック対象


▽設定後のWebサイト表示


上記画像では、CSS(Webページのレイアウトを指定したスタイルシート)ファイルが
読み込めずレイアウトが崩れたり、画像が表示されない状態が発生しています。


■対応方法
管理画面[プロキシログ / ブロックログ]でブラック除外リストに登録したURL以外が
ブロックされていないかを確認のうえ、設定を変更してください。

上記例の場合ブラック除外リスト対象を「example.com」に変更するか、「css.example.com」と
「img.example.com」を追加で登録することで正常に閲覧が可能となります。

 

関連コンテンツ
「i-FILTER」 "ブロックを除外に設定"したはずの WEB サイトがブロッ...
「i-FILTER」 ウィキペディアに対する「閲覧」のみを許可し、「編集」をブロ...
「i-FILTER」 FTPサイトをブロックした場合、ブロック画面にHTMLソー...
「i-FILTER」 「警告/パスワード」アクションによるブロック解除情報はユー...
「i-FILTER」Ver.9用シリアルNo.発行後、旧シリアルNo.で稼働して...
 

感動しました
解決しました
参考になりました
もっと詳しく
わかりにくい
問い合わせます