i-FILTER Ver.10
i-FILTER Ver.9
i-FILTER Reporter
m-FILTER
D-SPA
D-SPA Manager
DigitalArts@Cloud
i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3/Ver4
FinalCode
m-FILTER MailAdviser
Labeling
お知らせ
サポート終了製品

URLをクリップボードにコピーしました
FAQ_URL:http://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=2759
  FAQ_ID:2759
Business > m-FILTER > ログ出力
 
「m-FILTER」ルールログの出力フォーマットはどのようなものですか。

対応バージョン: m-FILTER Ver.3 Ver.4
対応OS: すべてのOS

本FAQではサンプルログを例に各カラムを説明します。

「m-FILTER」が出力するルールログは、カンマ区切りで構成されているため、
拡張子を「.csv」に変更することで、Excel等でセル表記で閲覧が可能です。

■出力先パス
ルールログは初期状態で出力が無効になっています。

<インストールディレクトリ>/logs/rule/rule.log (当日ログ)
<インストールディレクトリ>/logs/rule/YYYYMMDD_rule_nnnn.log (ローテートログ)

※「nnnn」は、処理サイズ によるローテート番号(「0000」から開始)
※出力先設定(管理画面)[オプション > ログ > ルールログ]


■サンプルログ
※実際のログはURLエンコードされた状態で出力されています
--------------------------------------------------------------------------
12/Feb/2014:15:00:36,9999_hwMpl2REN6q==,Group01,<<共通送信ルールセット>>,
test_rule,0,【対象】サイズ、【内容】メール全体のサイズが1Bytes以上,
1,0,12,0,0,0,0,-1,-1,1,0,0,0,0,0,0
--------------------------------------------------------------------------
※文字コード:~Ver.3は「SJIS」、Ver.4~は「UTF-8」です。
 文字コードの変更はできません。



※1 ()内はアクセスログをCSVファイルとしてエクセルで開いた場合の列
※2 実際のログはURLエンコードされた状態で出力されています

ルールログは、出力単位を「ルールセット」「ルール」「フィルター条件」から
選択ができます。

単位を細かくすることでより処理内容の詳細が確認できますが、出力行数が
増えるため、ログファイルサイズが増加します(どの単位を選択しても
出力フォーマットは変わりません
)。


■サンプルルールセット


(1)ルールセット単位(ログサイズ小)

経由したルールセット毎に1行のルールログが出力されます。
サンプルルールセットの場合、「共通送信ルールセット」内で複数回条件を経由しても
出力されるログは1行です。


(2)ルール単位(ログサイズ中)

経由したルール毎に1行のルールログが出力されます。
サンプルルールセットの場合、「test_rule_01」と「test_rule_02」を
経由しているため出力されるログは2行です。


(3)フィルター条件単位(ログサイズ大)

経由したフィルター条件毎に1行のルールログが出力されます。
サンプルルールセットの場合、「test_rule_01」で2つの条件を経由し
「test_rule_02」で1つの条件を経由しているため出力されるログは3行です。

 

関連コンテンツ
「m-FILTER」 SMTPアクセスログの出力フォーマットはどのようなものです...
「m-FILTER」通信ログの出力フォーマットはどのようなものですか。
「m-FILTER」システムログ出力を "syslogd" 出力にしている場合、...
「m-FILTER」Linux 版の system.log に「WARN_740...
「m-FILTER」 通信ログ(mail.log)出力が有効になっているにも関わ...
 

感動しました
解決しました
参考になりました
もっと詳しく
わかりにくい
問い合わせます