i-FILTER Ver.10
i-FILTER Ver.9
i-FILTER Reporter
m-FILTER
D-SPA
D-SPA Manager
DigitalArts@Cloud
i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3/Ver4
FinalCode
m-FILTER MailAdviser
Labeling
お知らせ
サポート終了製品

URLをクリップボードにコピーしました
FAQ_URL:http://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=2842
  FAQ_ID:2842
Business > i-FILTER Ver.10 > フィルタールール
Business > i-FILTER Ver.9 > フィルタールール
 
「i-FILTER」旧バージョン(Ver.7以前)から移行した場合、正規表現の記述についての注意点を教えてください
対応バージョン: i-FILTER Ver.8 Ver.9 Ver.10
対応OS: すべてのOS

「i-FILTER」Ver.10 を含むVer.8以降のバージョンでは正規表現ライブラリに
「鬼車」を使用しています。

「i-FILTER」Ver.7以前の旧バージョンでは独自仕様の正規表現を
使用しているため、移行環境では同一の正規表現記述をしていても
異なる動作になる場合があります。

本FAQでは、旧バージョンと大きく異なる点として以下のURLを例に
挙げて解説します。

[例]
「http://www.example.co.jp/AAA/」を正規表現一致させる場合

【相違点1】前方・後方一致の判定
***************************************


<Ver.7以前>
「example\.co\.jp」でマッチする

部分一致で動作するため、登録文字列の前方および後方に記述が
なくてもマッチします。

<Ver.8以降(Ver.10を含む)>
「example\.co\.jp」でマッチしない

前方および後方に「.*」などを指定する必要があります。
(「.*example\.co\.jp.*」でマッチします)


【相違点2】大文字・小文字の判定
***************************************


<Ver.7以前>
「example\.co.\.jp/AAA」でマッチしない

リクエストURLを小文字「http://www.example.co.jp/aaa」に変換してから
処理を行うため、大文字を含む記述「example\.co.\.jp/AAA」ではマッチしません。
(「.*example\.co\.jp/aaa.*」でマッチします)

<Ver.8以降(Ver.10を含む)>
「.*example\.co\.jp/AAA.*」でマッチする

リクエストURLの変換を実施しません。
また、正規表現の設定項目「大文字小文字を無視する」を設定することで
.*example\.co\.jp/aaa.*」でのマッチングも可能です。

旧バージョンからの移行環境の場合には、上記の仕様変更にご注意ください。
関連コンテンツ
「i-FILTER」YouTubeの特定動画のみを閲覧許可する方法はありますか
「i-FILTER」 各種設定内の正規表現に使用されているライブラリと使用例、使...
「i-FILTER」 正規表現にてドメインに含まれる "." は、どのように登録...
「i-FILTER」インストール直後、SSL Adapterが動作しないのですが
「i-FILTER」Ver.9 複数のフィルタリング設定がされている環境では、ど...
 

感動しました
解決しました
参考になりました
もっと詳しく
わかりにくい
問い合わせます