i-FILTER Ver.10
i-FILTER Ver.9
i-FILTER Reporter
m-FILTER
D-SPA
D-SPA Manager
DigitalArts@Cloud
i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3/Ver4
FinalCode
m-FILTER MailAdviser
お知らせ
サポート終了製品

URLをクリップボードにコピーしました
FAQ_URL:https://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=2855
  FAQ_ID:2855
Business > i-FILTER Ver.10 > システム構成
Business > i-FILTER Ver.9 > システム構成
 
「i-FILTER」ウイルス対策製品が同居している場合に注意点はありますか

対応バージョン: i-FILTER Ver.8 Ver.9 Ver.10
対応OS: すべてのOS

ウイルス対策製品と「i-FILTER」が同居している環境では、ウイルス検索の
プロセスが「i-FILTER」のバイナリや設定ファイル、ログファイル等を検索対象として
ロックしてしまった場合に、正常に処理ができない可能性があります。

また、バージョンアップのタイミングでウイルス対策製品が「i-FILTER」ディレクトリを処理対象と

している場合、設定ファイルの破損が発生し、バージョンアップ作業自体は正常に完了するが、
その後正常に起動しない、不正終了する、といった可能性があります。

そのため、「i-FILTER」のインストールディレクトリ以下のディレクトリ、
および各ログの出力先ディレクトリは、ウイルス対策製品の検索対象から
除外するように設定してください。
※以下画面は「i-FILTER」Ver.10 の例ですが、Ver.8/Ver.9の場合も同様となります。

インストールディレクトリ(Windows版デフォルト)


管理画面ログ設定項目

関連コンテンツ
「i-FILTER」Windows版 NTLM認証環境で製品バージョンアップ後に...
「i-FILTER」システム管理者が管理すべきログを教えてください
「i-FILTER」ライセンス登録時の「サービス情報配信」を有効にした場合、どの...
「i-FILTER Reporter」ウイルス対策製品が同居している場合に注意す...
「i-FILTER」モバイル端末にSSL代理証明用のCA証明書をインポートする方...
 

感動しました
解決しました
参考になりました
もっと詳しく
わかりにくい
問い合わせます