i-FILTER Ver.10
i-FILTER Ver.9
i-FILTER Reporter
m-FILTER
D-SPA
D-SPA Manager
DigitalArts@Cloud
i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3/Ver4
FinalCode
m-FILTER MailAdviser
お知らせ
サポート終了製品

URLをクリップボードにコピーしました
FAQ_URL:https://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=2864
  FAQ_ID:2864
Business > i-FILTER Ver.10 > プロキシ認証
Business > i-FILTER Ver.9 > プロキシ認証
Business > サポート終了製品 > i-FILTER Ver.8.5 > プロキシ認証
Business > サポート終了製品 > i-FILTER Ver.8.0 > プロキシ認証
 
「i-FILTER」「グループ設定」で認証ユーザーを検索する際、日本語表記のDNが文字化けしてしまう場合があるのはなぜですか
対応バージョン: Ver.8 Ver.9 Ver.10
対応OS: すべてのOS


LDAPサーバー側のユーザー情報に日本語等マルチバイト文字列が含まれる場合、文字コードの不整合により
文字化けが発生し正常に表示されないことがあります。

【管理画面[グループ / 基本モード / ユーザー設定]】
※「Ver.8」は[グループ設定 / 基本モード > ユーザータブ
  「Ver.9」
は[グループ設定 / 基本モード / ユーザー設定]


このような場合、以下のいずれかの方法で正しい文字コードで表示されるよう
設定ください。

(1)「i-FILTER」の文字コード設定を変更する
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 [システム / ユーザー認証 / 基本設定]からサーバー文字コードを
 適切に変更します。
 ※「Ver.8」「Ver.9」は[システム設定 / ユーザー認証 / 基本設定]

 ※ LDAP認証環境の場合は、「LDAP認証設定」のサーバー文字コード設定を
   変更します。

(2)LDAPバージョンを変更する

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 [システム / ユーザー認証 / NTLM Active Directory設定]で、
 LDAPバージョンを「2」に変更します。
 ※「Ver.8」「Ver.9」は [システム設定 / ユーザー認証 / NTLM Active Directory設定]

 ※ LDAP認証環境の場合は、
   [システム / ユーザー認証 / LDAPサーバー設定]から
   LDAPバージョンを「2」に変更します。
 ※「Ver.8」「Ver.9」は[システム設定 / ユーザー認証 / LDAPサーバー設定]

(1)(2)いずれの設定も反映に「i-FILTER」サービス再起動が必要です。
設定反映後は、以下のように正常に日本語が表示されるようになります。

 

関連コンテンツ
「i-FILTER」「LDAP認証」のLDAPサーバーにActiveDirect...
「i-FILTER」Windows環境で「NTLM認証」を利用する場合、確認する...
「i-FILTER」管理画面[グループ設定]よりLDAP認証サーバーからユーザー...
「i-FILTER」「Linux NTLM 認証」で多階層のセキュリティグループ...
「i-FILTER」グループに認証ユーザー名を登録する場合に注意することはありま...
 

感動しました
解決しました
参考になりました
もっと詳しく
わかりにくい
問い合わせます