i-FILTER Ver.10
i-FILTER Ver.9
i-FILTER Reporter
m-FILTER
D-SPA
D-SPA Manager
DigitalArts@Cloud
i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3/Ver4
FinalCode
m-FILTER MailAdviser
Labeling
お知らせ
サポート終了製品

URLをクリップボードにコピーしました
FAQ_URL:https://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=2865
  FAQ_ID:2865
Business > i-FILTER Ver.10 > フィルタールール
Business > i-FILTER Ver.10 > インストール・バージョンアップ
Business > i-FILTER Ver.9 > フィルタールール
Business > i-FILTER Ver.9 > インストール・バージョンアップ
 
「i-FILTER」旧バージョン(Ver.7)の設定「リクエストフィルター」はどのように設定すればよいですか
対応バージョン: i-FILTER Ver.9 Ver.10
対応OS: すべてのOS

「i-FILTER」Ver.7 の[リクエストフィルター]設定にてリクエストヘッダーの値を
操作している場合、多くの設定は、Ver.9 Ver.10 の[ヘッダーコントローラー設定]にて
同等の設定が可能となります。
※下記例はVer.9での設定例となりますが、Ver.10でも同等です。

※「<< X-Forwarded-Forの制御 >>をVer.9に設定」参照

ただし、リクエストフィルターの動作が「フィルタリングしない」や「ブロックする」、
「POSTフィルター除外」のようにVer.9のアクションに関連する動作の場合は、
[ルール設定]にてグループごとの設定が必要となる場合があります。


※「<< RealPlayerの制御 >>をVer.9 に設定」参照

<< X-Forwarded-Forの制御 >>をVer.9に設定

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【Ver.7 設定 [リクエストフィルター]】
----------------------------------------------
フィルター条件(1)
  1.ヘッダー: X-Forwarded-For
  2.条件     : ヘッダがある場合
  3.動作     : クライアントのIPアドレスを代入する

フィルター条件(2)
  1ヘッダー: X-Forwarded-For
  2条件     : ヘッダがある場合
  3動作     : ヘッダーを削除する
----------------------------------------------

【Ver.9 設定 [システム設定 / ヘッダーコントローラー設定]】

設定(1)
-----------------------------------------------------------
タイプ           : 通信設定をHTTPリクエストヘッダーの値で変更する
ルールパーツ: ※未選択
通信設定      : IPアドレス
                     クライアントIPアドレス
ヘッダー名    : X-Forwarded-For
-----------------------------------------------------------

設定(2)
-----------------------------------------------------------
タイプ           : HTTPリクエストヘッダーの値を操作する
ルールパーツ: ※未選択
ヘッダー名    : 任意のヘッダー > X-Forwarded-For
アクション      : 削除
-----------------------------------------------------------


<< RealPlayerの制御 >>をVer.8 に設定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【Ver.7 設定 [リクエストフィルター]】
----------------------------------------------
フィルター条件(1)
  1.ヘッダー: User-Agent
  2条件     : RealPlayerを含む場合
  3動作     : POSTフィルター除外

フィルター条件(2)
  1ヘッダー: User-Agent
  2条件     : RealPlayerを含む場合
  3動作     : POSTログ出力除外

フィルター条件(3)
  1ヘッダー: User-Agent
  2条件     : RealPlayerを含む場合
  3動作     : POSTデータ送信のみ
----------------------------------------------


【Ver.9 設定】

※ [ルールパーツ]を作成後、[ヘッダーコントローラー設定]と[ルール設定]それぞれに
    設定が必要です。


1ルールパーツを作成

[ルールセット / ルールパーツ / ブラウジング情報セット]
---------------------------------------------------
ブラウジング情報: UserAgentヘッダーの値
検索タイプ         : 部分一致
値                    : RealPlayer
---------------------------------------------------

2.ヘッダーコントローラー設定を追加

[システム設定 / ヘッダーコントローラー設定]

設定(1)
----------------------------------------------
タイプ           : 通信設定を任意の値に変更する
ルールパーツ: ※「1.」で作成したルールパーツ
通信設定      : その他
                      POST単語フィルター除外
設定値         : ON
----------------------------------------------

設定(2)
----------------------------------------------
タイプ           : 通信設定を任意の値に変更する
ルールパーツ: ※「1.」で作成したルールパーツ
通信設定      : その他
                     POSTログ除外
設定値          : ON
----------------------------------------------

設定(3)
-------------------------------------------------------------------------
タイプ           : 通信設定を任意の値に変更する
ルールパーツ: ※「1.」で作成したルールパーツ
通信設定      : その他
                     [POST]クライアントから受信可能なPOSTデータを全てサーバーに送信
設定値         : ON
-------------------------------------------------------------------------

3.設定適用対象グループに設定を追加

[グループ設定 / 基本モード / 高度な設定]
----------------------------------------------
タイプ           : フィルタリング
ルールパーツ: ※「1.」で作成したルールパーツ
アクション      : 許可
----------------------------------------------

※ ブロックアクションの既存ルールがある場合は、既存ルールより高い
  優先度で設定します。

関連コンテンツ
「i-FILTER」OSのファイルシステムの種類による制限はありますか
「i-FILTER」Ver8からバージョンアップした環境で、「Webサービス」「...
「i-FILTER」最新バージョン情報やパッチ入手方法を教えてください
「i-FILTER」「Webサービスフィルター」は、旧バージョンのフィルタリング...
「i-FILTER」 製品バージョンアップは有償ですか
 

感動しました
解決しました
参考になりました
もっと詳しく
わかりにくい
問い合わせます