i-FILTER Ver.10
i-FILTER Ver.9
i-FILTER Reporter
m-FILTER
D-SPA
D-SPA Manager
DigitalArts@Cloud
i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3/Ver4
FinalCode
m-FILTER MailAdviser
お知らせ
サポート終了製品

URLをクリップボードにコピーしました
FAQ_URL:https://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=293
  FAQ_ID:293
Business > サポート終了製品 > i-FILTER Ver.7 > 構成
 
「i-FILTER」Ver.7 を "Windows Server 2008 R2" で動作させる際の注意点はありますか

対応バージョン: i-FILTER Ver.7
対応OS: Windows

"Windows Server 2008 R2" は、64bit OS として動作していますが、
「i-FILTER」は、OS のエミュレーション機能により、32bit アプリケーションとして動作します。

そのため、以下2点の注意が必要です。

(1) "Windows Server 2008 R2" に対応している「i-FILTER」のバージョンは、「i-FILTER Proxy Server 7.50R01」以降となります。

(2) インストール先のパスについて
  "Windows Server 2008 R2"では、デフォルトインストール先が、32bit版 OS と異なります。
   32bitアプリケーションは、フォルダに(x86)と追加されます。

    ■Windows 2008 R2(64 bit)
     C:\Program Files (x86)\Digital Arts\i-FILTER Proxy Server Ver.7


     ■以前の Windows Server(32 bit) 
     C:\Program Files\Digital Arts\i-FILTER Proxy Server Ver.7
   
 ※特に"Reporter" "Log Search" の access.log 参照ディレクトリにご注意ください。

関連コンテンツ
「i-FILTER」Ver.7 は、「64bit 環境」にて動作するのでしょうか
「i-FILTER」Ver.7 の対応ブラウザーと注意点を教えてください
「i-FILTER」Ver.7 の「NTLM認証」環境にて、ワークグループ環境の...
「i-FILTER」Ver.7 を "Red Hat Enterprise Li...
「i-FILTER」グループの所属ユーザーの一部が検索出来ません。また、そのユー...
 

感動しました
解決しました
参考になりました
もっと詳しく
わかりにくい
問い合わせます