i-FILTER Ver.10
i-FILTER Ver.9
i-FILTER Reporter
m-FILTER
D-SPA
D-SPA Manager
DigitalArts@Cloud
i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3/Ver4
FinalCode
m-FILTER MailAdviser
Labeling
お知らせ
サポート終了製品

URLをクリップボードにコピーしました
FAQ_URL:http://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=294
  FAQ_ID:294
Business > i-FILTER Reporter
 
「i-FILTER Reporter」 "Windows Server 2008 R2" で動作させる際の注意点はありますか

対応バージョン:i-FILTER Reporter Ver.5
対応OS:Windows

「i-FILTER Reporter」は、32ビットアプリケーションなので、32ビットモードでのみ動作します。

また、 "access.log" 読み込み先の変更が必要になります。
"Windows Server 2008 R2" 環境で 32ビットアプリケーションをインストールする場合、
"Program Files" フォルダに" (x86)"が付加される為です。


[ [管理]-[オプション]-[基本設定] ]リンク画面の"集計対象ログ"のパスを変更します。
 ※"EndPoint Controller"が有効な場合、このパスも変更します。

 ▼[変更前]
 c:/Program Files/Digital Arts/i-FILTER Proxy Server Ver.7/logs/access.log

 ▼[変更後]
 c:/Program Files (x86)/Digital Arts/i-FILTER Proxy Server Ver.7/logs/access.log

関連コンテンツ
「i-FILTER Reporter」 Windows 版で、他のサーバーのアク...
「i-FILTER Reporter」Ver.6は、「64bit 環境」にて動作...
「i-FILTER Reporter」システムログの「ローテート処理」及び「自動...
「i-FILTER Reporter」全バージョン のメニュー画面にアクセスする...
「i-FILTER Reporter」古い日時の定時レポートデータをストレージの...
 

感動しました
解決しました
参考になりました
もっと詳しく
わかりにくい
問い合わせます