i-FILTER Ver.10
i-FILTER Ver.9
i-FILTER Reporter
m-FILTER
D-SPA
D-SPA Manager
DigitalArts@Cloud
i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3/Ver4
FinalCode
m-FILTER MailAdviser
お知らせ
サポート終了製品

URLをクリップボードにコピーしました
FAQ_URL:http://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=2980
  FAQ_ID:2980
Business > i-FILTER Ver.10 > フィルタールール
Business > i-FILTER Ver.9 > フィルタールール
Business > サポート終了製品 > i-FILTER Ver.8.5 > フィルタールール
 
「i-FILTER」特定ブラウザからのWebアクセスを制御する方法はありますか
対応バージョン: i-FILTER Ver.8.5~ Ver.9 Ver.10
対応OS: すべてのOS
 

Internet Explorer など一般的なブラウザでは、HTTPリクエストヘッダー「User-Agent」に
ブラウザの種類やバージョン情報を記述して送信します。


▽参考:「ユーザー エージェント文字列を理解する」Microsoft社ヘルプ
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/ms537503

「i-FILTER」では、「User-Agent」の文字列を条件に特定ブラウザのみアクセスを
ブロックしたり、許可することが可能です。
ここでは例として、2つの要件に対する設定例をそれぞれ説明します。

 ※ 本手順は「Internet Explorer」「Firefox」「Chrome」にて動作を確認しています。
   User-AgentにOS情報を記述しないブラウザやUser-Agentの変更が
   行われている場合は、本手順にてフィルタリングすることはできません

 ※ 各項目設定の際には「保存」をクリックしてください

 ※本FAQでは最もフィルタリング優先順位の高い[優先フィルタリング設定]
   設定をしていますが、グループごとに設定をする場合は、[高度な設定]の利用等、
   状況に応じて設定箇所を変更してください。

 
▽参考FAQ:フィルタリング優先順位
  【Ver.8】

  http://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/detail.asp?baID=18&FAQID=2575
  【Ver.9】
  http://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/detail.asp?baID=18&FAQID=2840
  
【Ver.10】
  http://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/detail.asp?baID=18&FAQID=3666

■設定例1: 特定ブラウザからの通信をブロック

<設定要件>

──────────────────────────────────
 ●
「Internet Explorer」からのアクセスをブロックする
 ● 特定ホスト「daj.jp」へのアクセスはブロック除外する

<設定手順>
──────────────────────────────────
(1)User-Agentを指定したルールパーツを作成

 下記項目よりルールパーツを2点作成します。

 
▽設定項目
 [ルールセット / ルールパーツ / ブラウジング情報セット]

 【パーツ1】
 ブラウジング情報: UserAgentヘッダーの値
 検索タイプ: 部分一致」
 値: MSIE

 
【パーツ2】
 ブラウジング情報: UserAgentヘッダーの値
 検索タイプ: 部分一致
 値: rv:11

  ※「MSIE」はInternetExplorer 10までに含まれるUser-Agent文字列です
  ※「rv:11」はInternetExplorer 11に含まれるUser-Agent文字列です

  
▽参考情報:ユーザー エージェント文字列の変更
  http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/ie/hh869301%28v=vs.85%29.aspx

 
 


(2)除外ホストを指定したルールパーツを作成

 下記項目よりルールパーツを作成します(リクエスト先ホストに関わらず
 ブロックさせる場合には、この作業は不要です)。

 
▽設定項目
 [ルールセット / ルールパーツ / 識別名リスト]

 【パーツ3】
 タイプ 「アクセス先(DST)」
 識別名 「daj.jp」
 形式 「部分一致」

  ※ 除外対象にするアクセス先ホストが複数ある場合には識別名を追加します。

 


(3)作成したルールパーツを条件にフィルタリング設定

 ▽設定項目
 [共通設定 / 優先フィルタリング設定]

 ▼ルール1
 ---------------------------------------

 タイプ : フィルタリング
 ルールパーツ:  
【パーツ1】 & 【パーツ3(逆条件)】
 アクション: ブロック
 ---------------------------------------

 ▼ルール2
 ---------------------------------------

 タイプ: フィルタリング
 ルールパーツ:
【パーツ2】 & 【パーツ3(逆条件)】
 アクション: ブロック
 ---------------------------------------

  ※ 追加したルールパーツをダブルクリックすることでパーツ名の先頭に「!」
    記載されます。これにより逆条件(【パーツ3】記載のホスト名を
    含まない場合)でフィルタリングが行われる動作となります。


   ▽ 【パーツ3】の前に「!」があることをご確認ください
   


■設定例2: IE11からの通信のみ許可

<設定要件>
──────────────────────────────────
 ● 「Internet Explorer 11」からのアクセスのみ許可する

 ●  「Internet Explorer 11」からのアクセスであれば、互換表示機能を使用していても許可する
 ● 特定ホスト「daj.jp」へのアクセスはブロック除外する

<設定例>
──────────────────────────────────
(1)User-Agentを指定したルールパーツを作成

 下記項目よりルールパーツを2点作成します。

 ▽設定項目

 [ルールセット / ルールパーツ / ブラウジング情報セット]

 【パーツ1】
 ブラウジング情報: UserAgentヘッダーの値
 検索タイプ: 部分一致」
 値: rv:11


 【パーツ2】
 ブラウジング情報: UserAgentヘッダーの値
 検索タイプ: 部分一致
 値: Trident/7.0


  ※「rv:11」はInternetExplorer 11に含まれるUser-Agent文字列です
  ※「Trident/7.0」はInternetExplorer 11で互換表示を利用した際に含まれるUser-Agent文字列です

  
 

(2)除外ホストを指定したルールパーツを作成

 下記項目よりルールパーツを作成します(リクエスト先ホストに関わらず
 ブロックさせる場合には、この作業は不要です)。

 ▽設定項目

 [ルールセット / ルールパーツ / 識別名リスト]

 【パーツ3】
 タイプ 「アクセス先(DST)」
 識別名 「daj.jp」
 形式 「部分一致」


 

(3)作成したルールパーツを条件にフィルタリング設定

 ▽設定項目
 [共通設定 / 優先フィルタリング設定]

 ▼ルール
 ---------------------------------------

 タイプ : フィルタリング
 ルールパーツ:  
【パーツ1(逆条件)】 & 【パーツ2(逆条件)】 & 【パーツ3(逆条件)】
 アクション: ブロック
 ---------------------------------------

  ※ 追加したルールパーツをダブルクリックすることでパーツ名の先頭に「!」
    記載されます。これにより「逆条件」となり、各ルールパーツの条件が全て一致しない
    場合のみブロックする動作となります。


   ▽ 【パーツ3】の前に「!」があることをご確認ください

関連コンテンツ
「i-FILTER」Ver.9 複数のフィルタリング設定がされている環境では、ど...
「i-FILTER」YouTubeの特定動画のみを閲覧許可する方法はありますか
「i-FILTER」 「SSL Adapter」オプションがない環境または、デコ...
「i-FILTER」インストール直後、SSL Adapterが動作しないのですが
「i-FILTER」特定のリクエストのみ「i-FILTER」を経由させない設定は...
 

感動しました
解決しました
参考になりました
もっと詳しく
わかりにくい
問い合わせます