i-FILTER Ver.10
i-FILTER Ver.9
i-FILTER Reporter
m-FILTER
D-SPA
D-SPA Manager
DigitalArts@Cloud
i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3/Ver4
FinalCode
m-FILTER MailAdviser
Labeling
お知らせ
サポート終了製品

URLをクリップボードにコピーしました
FAQ_URL:http://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=2983
  FAQ_ID:2983
Business > サポート終了製品 > i-FILTER Ver.8.5 > フィルタールール
Business > サポート終了製品 > i-FILTER Ver.8.0 > フィルタールール
 
「i-FILTER」Ver.8 特定ブラウザからのWebアクセスを制限する方法はありますか
対応バージョン: i-FILTER Ver.8
対応OS: すべてのOS



Internet Explorer など一般的なブラウザでは、HTTPリクエストヘッダー「User-Agent」に
ブラウザの種類やバージョン情報を記述して送信します。

▽参考:「ユーザー エージェント文字列を理解する」Microsoft社ヘルプ
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/ms537503


「i-FILTER」では、「User-Agent」の文字列を条件に特定ブラウザのみ
アクセスをブロックすることが可能です。本FAQ記載の設定では
特定のホスト「daj.jp」を除き「Internet Explorer」からのアクセスを
ブロックする方法
を記載しています。

Ver.8.51以降をご利用の場合には、「FAQ.2980」記載の設定でも
対応が可能です。


■設定例■
──────────────────────────────────
※ 本手順は「Internet Explorer」「Firefox」「Chrome」にて動作を確認しています。
  User-AgentにOS情報を記述しないブラウザやUser-Agentの変更が
  行われている場合は、本手順にてフィルタリングすることはできません。

※ 各項目設定の際には「保存」をクリックしてください


(1)グループ設定にて新規グループを作成

 グループ名:「ブラウザ制御用グループ」※任意のグループ名
 ユーザー:192.168.255.255 ※存在しないIPアドレス
 
 ▼Ver.8.5
 モード:インターネットOFFモード
 
 ▼Ver.8.0
 [ルール設定]にて作成したグループに対して条件を設定せずに
 「ブロック」アクションを設定


(2)作成したグループの優先順位を変更

 作成したグループを最も高い優先度に設定します

 ▼Ver.8.5
 [グループ設定 / 優先順位変更]

 ▼Ver.8.0
 [ルール設定]にてグループ名をドラックアンドドロップ


(3) User-Agentを指定したルールを作成

下記項目よりルールを2点作成します。

 ▼Ver.8.5
 [ルールセット / 詳細プリセット / ブラウジング情報セット]

 ▼Ver.8.0
 [ルールパーツ / HTTP制御 / ブラウジング情報セット]

 【パーツ1】
 ブラウジング情報「UserAgentヘッダーの値」
 検索タイプ「部分一致」
 値「MSIE」

 【パーツ2】
 ブラウジング情報「UserAgentヘッダーの値」
 検索タイプ「部分一致」
 値「rv:11」

※「MSIE」はInternet Explorer 10までに含まれるUser-Agent文字列です
※「rv:11」はInternet Explorer 11に含まれるUser-Agent文字列です

 ▽参考情報:ユーザー エージェント文字列の変更
 http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/ie/hh869301%28v=vs.85%29.aspx


(4) 制御除外するホストを指定したルールを作成

下記項目よりルールを作成します。(リクエスト先ホストに関わらず
ブロックさせる場合には、この作業は不要です)

 ▼Ver.8.5
 [ルールセット / 詳細プリセット / 識別名リスト]

 ▼Ver.8.0
 [ルールパーツ / 識別名リスト]

 【パーツ3】
 タイプ「アクセス先(DST)」
 識別名「daj.jp【部分】」

 ※ 除外対象ホストが複数ある場合には識別名を追加します


(5) 作成したルールパーツを条件にヘッダーコントローラー設定を実施

 ▽該当項目
 [システム設定 / ヘッダーコントローラー設定]

 ▼ルール1
 タイプ「通信設定を任意の値に変更する」
 ルールパーツ 「【パーツ1】 & 【パーツ3(逆条件)
 通信設定「IPアドレス」
     「クライアントIPアドレス」
 設定値「192.168.255.255」

 ▼ルール2
 タイプ「通信設定を任意の値に変更する」
 ルールパーツ 「【パーツ2】 & 【パーツ3(逆条件)
 通信設定「IPアドレス」
     「クライアントIPアドレス」
 設定値「192.168.255.255」

 ※ 追加したルールパーツをダブルクリックすることでパーツ名の先頭に「!」が
   記載されます。これにより逆条件(【パーツ3】記載のホスト名を
   含まない場合)でフィルタリングが行われる動作となります。


 ▽【パーツ3】の前に「!」があることをご確認ください


以上の設定により手順「5.」で設定した条件に該当したアクセスは、
クライアントIPアドレス「192.168.255.255」と認識され、手順「1.」で
作成したグループの判定によりブロックされます。
──────────────────────────────────



 



 

関連コンテンツ
「i-FILTER」特定ブラウザからのWebアクセスを制御する方法はありますか
「i-FILTER」Ver.8 「SSL接続終端処理設定」が、ブラウザの種類やバ...
「D-SPA」特定ブラウザからのWebアクセスを制限する方法はありますか
「i-FILTER」Ver.8.5 複数のフィルタリング設定がされている環境では...
「i-FILTER」Ver.8 で Ver.7 の「リクエストフィルター」はどの...
 

感動しました
解決しました
参考になりました
もっと詳しく
わかりにくい
問い合わせます