i-FILTER Ver.10
i-FILTER Ver.9
i-FILTER Reporter
m-FILTER
D-SPA
D-SPA Manager
DigitalArts@Cloud
i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3/Ver4
FinalCode
m-FILTER MailAdviser
Labeling
お知らせ
サポート終了製品

URLをクリップボードにコピーしました
FAQ_URL:https://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=2990
  FAQ_ID:2990
Business > i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3/Ver4
Business > i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3/Ver4 > インストール
 
「i-FILTER ブラウザー&クラウド」 アプリのアップデート方法を教えて下さい
アップデート方法はOSとご利用のアプリごとに異なります。
下記から参照してください。
 
 ・iOS版について
 ・Android版について
   ・Windows版について



■iOS版について
  ※重要
   ・MultiAgent for iOSにおいて、グローバルHTTPプロキシを設定したまま、
    MultiAgent for iOSをアップデートは実行しないようにお願いいたします。
    MultiAgent for iOSを自動アップデートは、MDMにて無効とするように
    設定してください。詳細は FAQ_3035 をご参照ください。

<SecureBrowser / MultiAgent>
 ※ご注意
  アップデートを行う前に下記を事前に確認します。
  
デバイス管理機能(Mobile Device Management 以下、MDM)を導入している場合も同様です。
   1.本体の「機能制限」をご利用の場合、「インストール」を解除します。
   2.
MultiAgent for iOS をご利用の場合、[グローバルhttpプロキシ設定]を解除します。

 ①MDMを導入されている場合
   ご利用のベンダーに配布手順をご確認ください。
     一台ごとに実施する場合は、App Storeよりダウンロードにてご利用いただけます。
             
 ②iPhone/iPad/iPod touch から更新する場合
   1.iPhone/iPad/iPod touch の「App Store」をタップします。
   2[アップデート] をタップします。
   3.更新可能なアプリの一覧が表示されます。
    一覧から「 i-FILTERブラウザー」もしくは「i-FILTER MA」 をタップします。
   4.更新内容が表示されます。[アップデート] ボタン をタップします。

  補足情報:
   iOS 7以降のOSでは「設定」>「iTunes & App Store」>「アップデート」において、
   アプリの自動アップデートを設定することができます。必要に応じてご利用ください。
  
 ③iTunes(パソコン) から更新する場合
   1.パソコンでiTunes を起動します。
   2.ライブラリのApp をクリックし、アプリの一覧を表示します。
   3.画面下の「更新プログラムを確認」 をクリックします。
   4.Apple アカウントのサインイン画面が表示されます。
    「i-FILTERブラウザー」もしくは「i-FITLER MA」をインストールした
    Apple IDとパスワードを入力し、[サインイン]をクリックします。
   5.更新可能なアプリの一覧が表示されます。
    一覧から「i-FILTERブラウザー」もしくは「i-FITLER MA」の
        [アップデートする]をクリックします。
   6「i-FILTERブラウザー」もしくは「i-FITLER MA」をインストールしている
    iPhone/iPad/iPod touch をUSBケーブルでパソコンに接続して「同期」します。


■Android版について
<SecureBrowser>
 ①MDMを併用されている場合は、ご利用のベンダーに配布手順をご確認ください。
  apkファイルは、弊社サポート情報ページからダウンロードいただけます。

   サポート情報サイト:
   http://download.daj.co.jp/user/
   ※“[シリアルNo.]”と“[お客様E-Mailアドレス]”をご用意ください。

 ②その他のapkの配布方法として下記の様な方法で配布が可能です。

   1.メールに添付して送信する。
   2.WebサーバにアップロードしてユーザにURLで公開する。

 補足情報: 
  apkの上書きインストールを行う場合は、事前にAndroid端末の
  「設定」アプリから「提供元不明のアプリ」を許可するように設定変更が必要です。
  また、インストール完了後は無効に戻してご利用いただくことをお勧めいたします。


■Windows版について
<SecureBrowser>
 1.「(Microsoft)ストア」アプリを起動します。
 2.ログイン中のMicrosoftアカウントのアイコンをクリックし、「ダウンロードと更新」を開きます。
 3.「更新プログラムのチェック」をクリックします。
 
 ※Windowsストアアプリでは、「アプリを自動的に更新」が初期設定でオンとなります。
  変更する場合は、同アプリ内の「設定」から変更をします。

<MultiAgent>
 弊社サポートページから、exeもしくは、msiファイルをダウンロードしてご利用ください。

   サポート情報サイト:
   http://download.daj.co.jp/user/
   ※“[シリアルNo.]”と“[お客様E-Mailアドレス]”をご用意ください。

 ①exe、msiの配布方法について
  ※この手順は、Active Directoryとグループポリシーで既に配布している場合に可能です。

  予め i-FILTERブラウザーアプリケーションを停止してください。
  停止手順はFAQ:3064をご参照ください。
  
  その後、Active Directoryとグループポリシーを使用することで一括配布が可能です。
  詳細はマニュアルをご参照ください。

 ②プログラムの自動更新について
    インストール済の端末において、下記の設定を行うことでプログラムの
  自動更新を有効にすることができます。

    1.管理画面にログインします。
    2.「フィルタリング設定」>「詳細設定」>「その他の設定」と進みます。
    3.「MultiAgentの設定」をクリックし、「プログラムの自動更新を有効にする」を
           クリックし、「設定保存」をクリックします。

 ※ご注意
   ・管理画面の設定内容が端末へ反映するタイミングついて
    時間差が発生する場合がございます。詳細はこちらの
FAQ:3017をご参照ください。

   ・自動更新の主な仕様について
   ・設定は、管理画面内からグループ毎に設定可能です。
   ・クライアント端末は、前回アップデートを確認してから24時間が経過している場合に
     弊社に最新のアップデータを確認し、インストールを実行いたします。
   ・インストールされたファイルはOSの再起動後に反映されます。
    (OS再起動後に新しいバージョンで動作いたします)

   ・ご利用前の運用テストについて
    プログラムの自動更新機能をご利用いただくにあたり、運用テストを推奨しております。
 
   
運用テストの例:
    1.アップデートをテストするためのグループを別途作成する
    2.テストを行う端末をグループに所属させ、「プログラムの自動更新」を有効にする
    3.端末のバージョンがアップデートされたのち、運用テストをお願いいたします。
    4.テスト完了後に本番環境のグループにて、「プログラムの自動更新」を有効に変更します。
関連コンテンツ
「i-FILTER ブラウザー&クラウド」 インストール方法を教えてください
「i-FILTER ブラウザー&クラウド」 ユーザ情報のインポートはできますか
「i-FILTER ブラウザー&クラウド」 古い端末からライセンスを引き継ぐ方法...
「i-FILTER ブラウザー&クラウド」 アプリの入手方法を教えてください
「i-FILTER ブラウザー&クラウド」 メールアプリ内のハイパーリンクをクリ...
 

感動しました
解決しました
参考になりました
もっと詳しく
わかりにくい
問い合わせます