i-FILTER Ver.10
i-FILTER Ver.9
i-FILTER Reporter
m-FILTER
D-SPA
D-SPA Manager
DigitalArts@Cloud
i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3/Ver4
FinalCode
m-FILTER MailAdviser
お知らせ
サポート終了製品

URLをクリップボードにコピーしました
FAQ_URL:https://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=3005
  FAQ_ID:3005
Business > i-FILTER Ver.10 > システム構成
Business > i-FILTER Ver.10 > インストール・バージョンアップ
Business > i-FILTER Ver.9 > システム構成
Business > i-FILTER Ver.9 > インストール・バージョンアップ
 
「i-FILTER」Linux版のインストールや動作に必要なパッケージは何ですか
対応バージョン: i-FILTER Ver.9 Ver.10
対応OS: Linux

「i-FILTER for Linux」を使用する場合、以下のライブラリがインストールされているかを
確認してください。

ライブラリが不足している場合は、インストール時にライブラリ依存関係のエラーが
発生します。


参照先マニュアル(※2017年9月現在)
Ver.10:「i-FILTER」Ver.10 インストールマニュアル
Ver.8/9:「i-FILTER」Ver.9/Ver.8.7 導入マニュアル
─────────────────────────────────────────────

※ RHELの最低限(Minimal)インストールの状態から実施

※ OS付属のCD-ROMより、rpmコマンドのみでパッケージをインストール後、
  エラーなくインストールできることを確認(yumコマンド不使用)


 ■ libstdc++.so.6

 
gcc-4.X.X

 ※ X.X はご利用のOS のバージョンに含まれるライブラリファイルの値

<LDAP/NTLM認証機能を使用する場合>


 ■ libldap.so

 
■ liblber.so
 
 ※
「LDAPv3ページコントロール」機能の利用状況により、必要なパッケージが異なります。
   「LDAPv3ページコントロール」有効時
     openldap-2.4.XX-X.x86_64.rpm 及び
     openldap-devel-2.4.XX-X.x86_64.rpm

   「LDAPv3ページコントロール」無効時
     openldap-2.4.XX-X.x86_64.rpm 及び
     openldap-devel-2.4.XX-X.x86_64.rpm
       又は
     openldap-2.3.XX-X.x86_64.rpm 及び
     openldap-devel-2.3.XX-X.x86_64.rpm

 ※ X.X-X はご利用のOS バージョンに含まれるライブラリファイルの値に読み換えてください
関連コンテンツ
「i-FILTER」OSのファイルシステムの種類による制限はありますか
「i-FILTER」Ver8からバージョンアップした環境で、「Webサービス」「...
「i-FILTER」 Ver.9/Ver.10 へバージョンアップ後、HTTPS...
「i-FILTER」旧バージョン(Ver.7)の設定「リクエストフィルター」はど...
「i-FILTER」Ver.10へバージョンアップする方法を教えてください
 

感動しました
解決しました
参考になりました
もっと詳しく
わかりにくい
問い合わせます