i-FILTER@Cloud
i-FILTER@Cloud GIGAスクール版
m-FILTER@Cloud
Desk@Cloud
i-FILTER Ver.9/Ver.10/Reporter
i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3/Ver4
m-FILTER
D-SPA
FinalCode
m-FILTER MailAdviser
お知らせ

URLをクリップボードにコピーしました
FAQ_URL:https://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=3013
  FAQ_ID:3013
Business > i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3/Ver4 > Windows
Business > i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3/Ver4 > iOS/iPadOS
Business > i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3/Ver4 > 問題の解決方法
 
「i-FILTER ブラウザー&クラウド」SSLデコード除外ドメインの設定方法を教えてください

SSLデコード除外ドメイン機能はMultiAgent for Windows / iOSで利用できます。
下記のような場合に設定します。

 例:
 ・業務運用面から除外する必要があると判断されるURL、Webサービス
 ・通信内容をチェックする必要がないと判断されるURL、Webサービス
 ・クライアント証明書を使用したサイトへアクセスする場合
  ※詳細は FAQ 3012を参照してください。

設定方法は下記を参照してください。

■管理画面の設定について
 1.管理画面へログインします。
 2.「フィルタリング設定」をクリックし、グループを選択します。
 3.「詳細設定」から「SSLデコード」をクリックします。
 4.「SSLデコード除外ドメインの一覧 」に除外するURLを入力します。
 5.「設定保存」をクリックします。確認画面で「OK」をクリックします。
 
 ※注意
  ・ご利用のWEBサービスにより、除外が必要なドメインが複数存在する
          場合があります。WEBサービスの運営元に確認してください。
  ・正規表現には対応していません。
  ・ホスト名、ドメイン名部分でのみ判定します。「http://」などは省いて
   入力してください。
   例:https://www.daj.jp/ ×
     www.daj.jp      ◯

■クライアント端末での設定について
 1.端末に設定を反映させます。(詳細はFAQ3017を参照してください。)
 2.該当のWEBサイトへアクセスして動作を確認してください。

 ※注意
  接続先のWEBサイトが使用している暗号/認証により、
  ご利用のブラウザーにプロキシー設定が必要となる場合があります。
  前述の作業で除外されない場合は、下記を設定してください。

  アドレス:127.0.0.1
  ポート :19080

関連コンテンツ
「i-FILTER ブラウザー&クラウド」 管理画面で操作した設定が、アプリに反...
「i-FILTER ブラウザー&クラウド」 MultiAgent for Win...
「i-FILTER ブラウザー&クラウド」MultiAgent for Wind...
「i-FILTER ブラウザー&クラウド」「SSLデコード時に警告画面を表示する...
「i-FILTER ブラウザー&クラウド」MultiAgentをインストールした...
この情報は役に立ちましたか?(選択すると、コメント送信欄が表示されます)

役に立った
役に立たなかった