i-FILTER Ver.10
i-FILTER Ver.9
i-FILTER Reporter
m-FILTER
D-SPA
D-SPA Manager
DigitalArts@Cloud
i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3/Ver4
FinalCode
m-FILTER MailAdviser
Labeling
お知らせ
サポート終了製品

URLをクリップボードにコピーしました
FAQ_URL:http://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=3015
  FAQ_ID:3015
Business > i-FILTER Ver.10 > システム構成
Business > i-FILTER Ver.9 > システム構成
Business > サポート終了製品 > i-FILTER Ver.8.5 > システム構成
Business > サポート終了製品 > i-FILTER Ver.8.0 > システム構成
Business > サポート終了製品 > i-FILTER Ver.7 > 構成
 
「i-FILTER」 サービス状態はOSからどのように制御できますか
対応バージョン: Ver.8 Ver.9 Ver.10
対応OS: すべてのOS

「i-FILTER」サービス状態をOSから制御する方法は以下のとおりです。

※「i-FILTER」Ver.10を例に記載しています。メジャーバージョンに応じて数字(10)から置き換えて実行してください。

■Windows版(スタートメニューからの操作)

 [管理ツール / サービス]から以下のサービス名を右クリックして
  「停止」「開始」「再起動」を選択します

  i-FILTER Ver.10


■Windows版(コマンドプロンプトからの操作)

コマンドプロンプトから「i-FILTER」サービスの「サービス名」もしくは
「表示名」を以下のように指定することでサービスの停止/開始が可能です。

・サービス名
 停止: net stop ifilter10
 開始: net start ifilter10

・表示名
 停止: net stop "i-FILTER Ver.10"
 開始: net start "i-FILTER Ver.10"


■Linux版

 ・停止   # /etc/init.d/ifilter10 stop
 ・開始   # /etc/init.d/ifilter10 start
 ・再起動 # /etc/init.d/ifilter10 restart

 
関連コンテンツ
「i-FILTER」のスレッド数の仕様について教えてください
「i-FILTER」特定のリクエスト先に対してのみ「上位プロキシ」を経由させるこ...
「i-FILTER」ハードディスクのディスクフル発生後、「設定が反映されない」「...
「i-FILTER」サーバーリプレースやログ設定変更時に注意する点はありますか(...
「i-FILTER」 クライアントからリクエストされたHTTPバージョン「HTT...
 

感動しました
解決しました
参考になりました
もっと詳しく
わかりにくい
問い合わせます